ニュース
» 2006年04月27日 15時10分 UPDATE

写真で見る「iD」: コンビニ初・ファミリーマートで「iD」取り扱いスタート

東京と名古屋のファミリーマート100店で、iDで支払いができるようになった。コンビニ各社からiD導入の発表はあったが、実際に利用できるのはこれが初めてだ。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 4月27日から、東京・名古屋のファミリーマート100店舗でおサイフケータイクレジット「iD」の取り扱いが始まった(2月27日の記事参照)。コンビニエンスストアで本格的にiDが導入されるのはこれが初めて※。iD取り扱い初日の様子を、写真で紹介しよう。

※このほか、東京・新橋のam/pm1店舗で試験導入が行われている

使い勝手はSuicaと同じ

 東京・池袋にあるファミリーマートサンシャイン南店では、5カ所あるレジのうち1カ所がiD対応になっている。iD対応のレジの上には、右手に携帯電話、左手にiDを持ったドコモダケのぬいぐるみが飾られている。

 iD対応レジでは、現金、QUOカード、ファミマカード(クレジット機能付き)、Suica、iDの5種類の決済が可能。

 iDで決済できるのは、「三井住友カードiD」(2005年12月1日の記事参照)と、4月28日から始まる「DCMX/DCMX mini」(4月4日の記事参照)。利用するには、ドコモのおサイフケータイにiD用アプリをインストールしておく必要がある。

 レジで買い物をするときに「iDで」と言うだけで、あとは現金やSuicaで買う場合と変わらない。アプリを立ち上げておく必要はないし、携帯の電源が切れていてもOKだ。1万円以内の決済であれば、PINコード入力やサインも不要。ファミマカードを持っている場合は、iDで決済してもポイントを付けてもらえる。

 なお、宅配便、プリペイドカード、金券(ビール券など)、切手、印紙類、はがき、FAXサービス、映画のチケット、Famiポートで申し込む商品(チケットぴあやJTBなど)、インターネットショッピング支払いを含む代行収納各種はiDやSuicaでの支払いはできない。また、クレジットカードやSuicaの支払いとiDの併用もできない。

photo iD対応レジの上にはドコモダケが
photo iD用のリーダー/ライターに、おサイフケータイをかざすだけで、サイン不要で決済できる。横にあるのはPINコードを入力するための端末。iDで1万円以上の決済をする場合はこの端末にPINコードを入力する

 ユーザーが決済をする操作はSuicaでもiDでも変わらないが、店員のPOSレジ操作は、Suicaに比べるとiDは1ステップ多い。POSレジで計算をしたあと、iDで処理するには合計金額を店員が入力するためだ。ファミリーマートでは秋にPOSレジのシステムの総入れ替えを予定しており、そのタイミングでPOSレジへの組み込みを検討しているという。

 ドコモではiDとSuicaのリーダー/ライターを共用化すると発表しているが、現在ファミリーマートで導入されている端末は共用化されていない。レジにはSuicaとiD、2つのリーダー/ライターがつながっている状態だ。

photo iDで買った場合のレシートには、合計金額が記される。個々の会計が記録されたレシートと2枚受け取ることになる
photo POSレジを挟んで、iDのリーダー/ライターの逆側にSuica用のリーダー/ライターが置かれている
ay_fm05.jpgphoto 店の中も外もドコモダケがいっぱい

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.