ニュース
» 2006年05月16日 17時40分 UPDATE

夏モデルの“ここ”が知りたい「902iS」編(1):1.7GHz対応で何が変わるのか──902iS編

1.7GHz帯に対応したトライバンド端末となった「902iS」シリーズ。800MHz対応時にドコモは「山間部のエリアが拡大する」としていたが、1.7GHzではどうなる?

[後藤祥子,ITmedia]

質問:1.7GHz対応で何がよくなるのですか?

 ドコモの夏モデルのうち、902iSシリーズ5機種が1.7GHz帯に対応した。901iSシリーズから順次対応が始まった800MHz対応の端末では、山間部でのエリア拡大(2005年5月の記事参照)を特徴としていたが、1.7GHz帯ではどこが便利になるのだろう。

 今回、902iSシリーズが対応する1.7GHz帯は、総務省がドコモに割り当てた東名阪バンドの5MHz幅を利用したもの(3月16日の記事参照)。そのため、1.7GHz対応の恩恵を享受できるのは、東名阪エリアのユーザーとなる。

 ドコモは1.7GHz帯を、「既存エリアの補完」に位置付けており、「一部の都市部で使いやすくなる」としている。なお、1.7GHz対応の基地局の数については明らかにしておらず、今後の基地局増設の計画については、「ユーザーの利用状況を見ながら順次検討する」というに留めた。

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.