ニュース
» 2006年10月11日 14時14分 UPDATE

HTC製スマートフォン「SoftBank X01HT」、10月14日発売

ソフトバンクモバイルのHTC製スマートフォン「X01HT」が10月14日に発売される。同社はX01HT発売と同時に下り最大1.8MbpsとなるHSDPA通信サービスも開始する。

[岩城俊介,ITmedia]
photo SoftBank X01HT

 ソフトバンクモバイルは10月11日、Windows Mobile 5.0/QWERTYキーボード搭載のHTC製スマートフォン「SoftBank X01HT」を10月14日より発売すると発表した。

 X01HTはスライド式のQWERTYキーボードを採用し、Windows Mobile 5.0 Pocket PC Phone Editionを搭載するPDAタイプのHSDPA端末。約2.8インチのタッチパネルQVGA液晶やIEEE802.11b/g準拠の無線LAN、Bluetooth、microSDカードスロットなどを搭載する。

 搭載アプリはWindows Mobileに準じた「Pocket Outlook」(メール)、「Internet Explorer」(Webブラウザ)、「MS-IME」(日本語入力システム)がプリインストールされる。

 なおX01HTの発売に合わせ、下り最大1.8Mbpsで通信が行えるHSDPA規格の高速データ通信サービス「3Gハイスピード」を開始し、「デュアルパケット定額」の上限額を1万290円とする新たなプランも設ける。

 価格はオープン。同社によると「W-ZERO3を意識した値段にならざるを得ない」としている。

SoftBank X01HT
本体サイズ 約112.5×58×21.95ミリ
重量 約176グラム
連続待受時間 W-CDMA使用時:約250時間/GSM使用時:約200時間
連続通話時間 W-CDMA使用時:約240分/GSM使用時:約300分
通信方式 HSDPA、W-CDMA、GSM/GPRS/ワイヤレスLAN(IEEE802.11b/g)
ディスプレイ 6万5536色表示、約2.8インチQVGA透反射型液晶(240×320ピクセル)
外部接続 IrDA(赤外線)、microSDスロット(最大1Gバイト)、Bluetooth Ver.2.0(HSP/HFP/OPP/DUNなどのプロファイルに対応)、mini USBコネクタ(USB 2.0)
カメラ アウトカメラ:200万画素CMOS(最大約8倍デジタルズーム/最大撮影サイズ:1600×1200ピクセル)、インカメラ:10万画素CMOS
入力機能 スライド式QWERTYキーボード、タッチパネル、ジョグホイール
OS Microsoft Windows Mobile 5.0 software for Pocket PC Phone Edition 日本語版(MSFP対応)
主な搭載アプリ Pocket Outlook、Internet Explorer Mobile、Office Mobile、Windows Media Player 10 Mobile
対応サービス 国際ローミング、TVコール
本体カラー ブラック
標準セット 本体、電池パック、急速充電器、ステレオイヤフォンマイク、USBケーブル、スタイラス2本、キャリングケースほか
発売 2006年10月14日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.