ニュース
» 2006年10月17日 11時49分 UPDATE

三洋エプソン、携帯向け2.6インチXGA液晶を開発

三洋エプソンは、携帯電話やポータブルプレーヤー向けとなるXGA解像度を実現する2.6インチ液晶ディスプレイを開発したと発表した。

[岩城俊介,ITmedia]
photo 測定グラフの赤い部分が高コントラスト比を示す

 三洋エプソンイメージングデバイスは10月17日、2.6インチのXGA(1024×768ピクセル)解像度を実現する低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイを開発したと発表した。

 同デバイスは1024×768ピクセルの解像度、498ppi(pixels per inch)の精細さのほか、上下左右約180度の広い視野角を実現する技術「Photo Fine Vistarich」の採用や、同社独自の透過率を向上させる設計技術を活用した高い表面輝度の実現が特徴。携帯電話やポータブルプレーヤーなどへの活用が期待され、それらでも通常のPCの画面と同等の画質、情報量を表示することが可能となる。

 10月18日よりで開催される「FPD International 2006」(横浜市・パシフィコ横浜)で展示する予定。


2.6インチXGA 液晶ディスプレイの仕様
画面サイズ 6.5センチ/2.57インチ
画素数 1024×768ピクセル(XGA)
種類 低温ポリシリコンTFT
視野角 上下左右180度(100:1)
NTSC比 60%
コントラスト比 500:1
表示モード Photo Fine Vistarich、透過型
精細度 498ppi
表示色 26万色

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.