レビュー
» 2007年02月23日 00時15分 UPDATE

「F903iX HIGH-SPEED」の“ここ”が知りたい(2):1Gバイトの内蔵メモリにPCからアクセスできるか──「F903iX HIGH-SPEED」

HSDPA対応の「F903iX HIGH-SPEED」は、1Gバイトの大容量メモリを内蔵しているのも大きな特徴だ。ドラッグ&ドロップでWMAデータを保存できるのか、PCのリムーバブルメディアとして使えるのかという質問が届いた。

[後藤祥子,ITmedia]
Photo 受信最大3.6Mbpsの高速パケット通信が可能なHSDPA対応の「F903iX HIGH-SPEED」

質問:WMAデータを内蔵メモリにドラッグ&ドロップで保存できるか

 手持ちのCDから取り込んだWindows Media Audioデータはドラッグ&ドロップで内部メモリに保存できるが、著作権保護された楽曲はWindows Media Playerなどのソフトを経由して転送しないと、内部メモリには保存できない。

 著作権保護なしのデータを内蔵メモリに保存する場合は、まず端末のUSBモードを「MTPモード(本体)」に設定して端末とPCをFOMA USBケーブルで接続する。PC側に端末が認識されたら、「MUSIC」メモリ内にデータをドラッグ&ドロップする。

Photo CDから取り込んだWindows Media Audioデータを保存したところ。データが内蔵メモリに書き込まれている
Photo 内蔵メモリにドラッグ&ドロップでコピーしたWMAデータが保存された。もちろん問題なく再生できる

質問:1Gバイトの内蔵メモリをPCのリムーバブルメディアとして使えるか

 「1Gバイトの内蔵メモリをPCのリムーバブルメディアとして使えるか」という質問が寄せられた。

 F903iX HIGH-SPEEDは、本体メモリにWindows Media Audioデータを保存できることもあり、USBモードには「通信モード」「microSDモード」「MTPモード(microSD)」に加え、「MTPモード(本体)」という設定が用意されている。端末をこのモード定に変更してFOMA USBケーブルでPCと接続すると、PCから端末の内部メモリにアクセスできる。この状態でPC内のファイルをドラッグ&ドロップすると、ファイルは問題なく保存できた。ただし端末内のデータをダブルクリックしても展開できず、ファイルを開くにはPCにコピーする必要がある。

 なお、PCから端末内のminiSDにアクセスする場合は、USBモード設定で「microSDモード」を選べばいい。

Photo USBモードで「MTPモード(本体)」に設定してPCに接続すると、画面のようなアイコンでF903iX HIGH-SPEEDが認識される
Photo カレシドコモダケの画像をフォルダごとコピーしてみると、特に問題なく内部メモリに保存できた

質問:ミュージックコントロールキーの操作は音楽専用か

 F903iX HIGH-SPEEDの右側面にあるのがミュージックコントロールキー。端末を閉じた状態で長押しすると音楽プレーヤーが起動し、短押しで再生/停止が可能。上下方向への短押しで前後曲へのスキップ、長押しで早送り/巻き戻しができるなど、閉じたまま音楽を楽しめるのが便利だ。

 ただこのキーは、名前からも分かるように音楽操作専用で、ほかの機能を割り当てることはできない。

Photo 閉じたまま各種音楽機能を操作するためのミュージックコントロールキー。ポケットの中に入れたままでも操作できて便利だ

質問:ランダムイメージ設定はあるか

 端末を開閉するたびに、異なる待受画像を表示できる「ランダムイメージ設定」。富士通製や三菱電機製端末でおなじみの機能で、もちろんF903iX HIGH-SPEEDにも搭載されている。

 設定は、「開閉ごと」のほかに「30分ごと」「60分ごと」から選べる。

Photo ランダムイメージ設定。アクセスは「Menu」→「設定/NMサービス」→「ディスプレイ」→「待受画面設定」→「縦画面設定」から
Photo 設定は3通りから選べる。設定するまでに表示させたい画像を入れたフォルダを作っておくといい

質問:ダイヤルキーのバックライトの色は? 暗い場所でもキーを見やすいか

Photo 暗い場所でキーのバックライトを点灯させたところ

 F903iX HIGH-SPEEDのキーバックライトの色はブルー。文字部分が光る仕様のため、暗い場所でも文字の視認性は良い。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.