お風呂で使える防水音楽ケータイ──「F703i」

» 2007年01月16日 16時01分 公開
[後藤祥子,ITmedia]

 防水FOMAの2モデル目となる「F703i」が登場する。初代防水FOMAの「SO902iWP+」と同じIPX7相当(機器を水深1メートルの位置において30分間放置しても性能が保てる)の防水性能を備えた端末で、お風呂や洗面所、キッチンなどの水場でも通話やメールなどの機能を利用できる。

Photo IPX7相当の防水機能を備えた「F703i」

 70xiシリーズの端末ながら、おサイフケータイやメガアプリに対応。着うたフルとWindows Media Audio(Napster To Go)にも対応するなど、90xiシリーズに迫る豊富な機能を装備する。

 折りたたみボディの背面には3つのLEDを使った「フローティングイルミ」を搭載。通話やメールの着信時などに、3色LED1つと白色LED2つが背面から浮かび上がるように光って通知する。色パターンはカラーセラピー効果のある50色から選択可能だ。

 アニメーション映像と音、背面の光を組み合わせて“癒し”を演出する「リラックスモード」は、従来の5件から15件に増加。カラーセラピストが監修した7種のモードと周囲の音に反応する5種のモード、1/fゆらぎ効果を演出する3種のモードを用意する。

 アウトカメラは手ブレ補正機能付きのAF付き130万画素CMOS、インカメラは11万画素CMOSで、メインディスプレイは2.2インチQVGA液晶。システムフォントと辞書はダウンロード対応となる。


Photo リアカバーにはスライド式のロック機構を用意。リアカバーの下にはゴムのシートが張られたドアのようなカバーがあり、これで水の侵入を防ぐ。イヤフォン端子部はゴムパッキンが付いている

Photo 開発段階のイメージスケッチ

機種名 F703i
サイズ(幅×高さ×厚み) 48×100×18ミリ
重さ 約109グラム
連続通話時間 約145分(テレビ電話:約80分)
連続待受時間 約420時間(静止時)、約300時間(移動時)
アウトカメラ 有効130万画素CMOS
インカメラ 有効11万画素CMOS
外部メモリ microSD
メインディスプレイ 2.2インチ(240×320ピクセル) 26万色TFT液晶
サブディスプレイ 22(縦)×17(横)ミリ 7セグメントLED 4桁1色
ボディカラー スノーホワイト、ブロッサムピンク、ランプブラック


新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月21日 更新
  1. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  2. ドコモが「dポイントクラブ」を改定する真の狙い “d払い併用”でも損する場合あり (2024年05月18日)
  3. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
  4. なぜ? ドコモのスマホから消えた「docomo」ロゴ その理由を聞いた (2024年05月17日)
  5. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  6. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  7. 「Xperia 1 VI」が大きな変貌を遂げたワケ 実機に触れて感じた「進化」と「足りないところ」 (2024年05月18日)
  8. ダイソーで110円の「スマートフォンレンズセット」を半信半疑で試してみる 「魚眼」は実用可能 (2024年05月19日)
  9. 「Galaxy S24 Ultra」のカメラを徹底検証 2億画素の10倍ズームは常用できるレベル AIやSペンを駆使した機能も秀逸 (2024年05月20日)
  10. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年