ニュース
» 2007年03月26日 21時45分 UPDATE

ソフトバンク、「911T」のソフト更新を開始──モバイルSuicaアプリでの不具合を修正

ソフトバンクは3月26日、東芝製の3G端末「911T」で、モバイルSuicaアプリの一部機能を実行するとエラーメッセージが表示される問題を修正するソフト更新を開始した。

[園部修,ITmedia]
Photo 「911T」

 ソフトバンクモバイルは3月26日、東芝製の3G端末「911T」で、モバイルSuicaの利用を開始した後、一部メニューを選択するとエラーメッセージが表示される問題を修正するソフト更新を開始した。

 この問題は、モバイルSuicaアプリのメニューから「6.会員規約・利用特約」を選んでも、「モバイルSuicaが使用不可能な状態になっております。詳細はコールセンターまでお問い合わせください。」と表示され、会員規約などが閲覧できないというもの。リーダー/ライターにかざしたときの動作や、モバイルSuicaアプリの他の動作には問題はない。

 更新を行うにはメニューを開き、「ツール」→「ソフトウェア更新」を選び「同意する」を選択して暗証番号を入力すればいい。更新はすぐにその場で行うだけでなく、予約した日時に更新することもできる。ソフト更新にかかるパケット通信料や情報料は無料だ。なおS!ベーシックパックに加入していない場合は、ソフトバンクショップに持ち込めばいい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう