レビュー
» 2007年05月01日 10時00分 UPDATE

映像ケータイ「P903iX HIGH-SPEED」は、どこまで“遊べる”か(後編) (1/3)

フルブラウザ定額プランと高速なHSDPA通信で、PC向け動画配信サイトにあるWMV動画も快適に楽しめる映像ケータイ「P903iX HIGH-SPEED」。後編は“自作動画はどうか”を軸に、WMVやH.264動画をいろいろ作成。どの仕様まで再生できるかを試した。

[坪山博貴,ITmedia]

(前編へ戻る)

photophoto

自作WMVファイルはどこまで再生できるのか

 “携帯で映像”を本格的に楽しみたいようなユーザーであれば、当然PCのリテラシーも高いだろう。というわけでP903iX HIGH-SPEEDにおいて、PCで作成した自作WMV動画の再生がどのくらい行えるかを試してみた。

 P903iXで再生できる(と再生保証された公式の)動画仕様は以下の通り。

P903iX HIGH SPEEDで再生できる動画コンテンツ
ファイル形式 WMV、WMA、WVX、WAX、ASF、ASX
ビットレート ビデオ512kbps+オーディオ64kbps(再生保証値)
フレームレート 30fps(再生保証値)
ビデオサイズ QVGA(横320×縦240ピクセル)
コーデック ビデオ:Windows Media Video 8〜9
オーディオ:Windows Media Audio 2〜9
ファイル容量制限 ストリーミング:なし
ダウンロード:10Mバイトまで
自作:なし(外部メモリに保存できるサイズまで)
著作権保護 ストリーミング再生時はWindows Media DRM 10に対応。著作権保護されたダウンロードデータは再生不可。自作動画はDRMなしのみに対応

 映像コーデックはWindows Media Video 8〜9で、画像サイズは320×240ピクセル(QVGA)以下。ビットレート512Kbps以下、フレームレート最大30fps。音声コーデックはWindows Media Audio 2〜9でビットレート64Kbps以下(ただし音声のみの場合は192Kbps以下)の組み合わせとなっている。

 ただしビットレートに関しては、その値を越えている動画も再生可能な場合がある。映像か音声のどちらかが再生できない場合には、再生可能な方のみが再生できるようで、ちょっとあいまいだ。

 実際にその制限を越える動画ファイルも含めて、PCでWMVファイルを作成し、再生してみよう。ちなみに10Mバイトまでの大容量iモーション(ビデオクリップ)の対応にともないH.264ファイルの再生も行えるので、こちらも一緒にテストすることにした。動画データの作成はペガシス「TMPGEnc 4.0 Express」で実施。結果は以下の通りだ。

Windows Media Video
動画サイズ(横×縦)映像ビットレート音声ビットレート結果保証値外の項目
320×240ピクセル512Kbps固定64Kbps
320×240ピクセル512Kbps平均64Kbps映像ビットレート
320×240ピクセル768Kbps平均64Kbps映像ビットレート
320×240ピクセル1024Kbps平均64Kbps映像ビットレート
320×240ピクセル512Kbps固定128Kbps音声ビットレート
320×240ピクセル512Kbps固定192Kbps音声ビットレート
320×240ピクセル1024Kbps平均192Kbps映像、音声ビットレート
320×180ピクセル512Kbps固定64Kbps変則解像度
352×288ピクセル512Kbps固定64Kbps×
(音声のみ再生)
動画サイズ
480×360ピクセル512Kbps固定64Kbps×
(音声のみ再生)
動画サイズ
H.264(MPEG-4)
動画サイズ(横×縦)映像ビットレート音声ビットレート結果 
320×240ピクセル512Kbps固定160Kbps 
320×240ピクセル768Kbps固定160Kbps 
320×240ピクセル1024Kbps固定160Kbps×
(音声のみ再生)
 
320×180ピクセル512Kbps固定160Kbps 
352×288ピクセル512Kbps固定160Kbps×
(音声のみ再生)
 
480×360ピクセル512Kbps固定160Kbps×
(音声のみ再生)
 

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.