ニュース
» 2007年05月22日 11時14分 UPDATE

“全部入り”が厚さ18.5ミリのステンレスボディに進化──「W54T」

ワンセグと3インチワイドVGAディスプレイのハイエンド機がさらにスリムに──それが東芝製の「W54T」。“ほぼ全部入り”のハイエンド端末として登場した2007年の春モデル「W52T」のウィークポイントをことごとく克服し、18.5ミリのスリムステンレスボディをまとって大きく進化した。

[岩城俊介,ITmedia]
photo 東芝製のハイエンド端末「W54T」。マラカイトグリーン、ブラッシュドメタル、ブラックローズの3色を用意する

 “ほぼ全部入り”──その高機能に驚かされた2007年の春モデル「W52T」の後継機として、さらに進化を遂げたのが東芝製のハイエンド端末「W54T」だ。

 W54Tは、ワイドVGA(480×800ピクセル)表示対応の3インチディスプレイにワンセグ、デジタルラジオを中心とする映像+音楽機能、スライドボディ、1Gバイト内蔵メモリ、Bluetooth、EZ FeliCa、手ブレ軽減機能付きの324万画素AFカメラなど、前モデル W52Tのスペックを継承しつつ、厚さ18.5ミリへシェイプアップしたステンレスボディを採用したのが大きな特徴。厚さ17.9ミリのスリムボディが特徴だったソフトバンクモバイルの2007年春モデル「911T」とほぼ同じサイズとなる。

 やや丸みのあるフォルムだったW52Tの印象は、このステンレスボディにより一新。ステンレスの素材感と直線的になったボディで非常に精悍なイメージになり、ドコモの“MOTORAZR”こと「M702iS」のようなシートキーを採用した。

 ワンセグや音楽機能を中心とする豊富なエンタテインメント機能も健在。同社製PC「Qosmio」および液晶テレビ「REGZA」で培った映像技術を盛り込み、ヒカリの乱反射を抑止して外光下の視認性を向上させる「クリアスクリーン」を採用した大型ワイドディスプレイに加え、ワンセグの予約録画機能、ワンセグの外部AV出力、FMラジオ(EZ・FM)の録音機能、オープンアプリプレイヤー、IrSimple(高速赤外線通信規格)などの機能を備える。また、高精細で大画面のディスプレイを生かし、PCサイトビューアーやPCドキュメントビューアーの横表示に対応する。

機種名 W54T
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×111×18.5ミリ
重さ 約151グラム
連続通話時間 約260分
連続待受時間 約260時間
カメラ 有効約324万画素、手ブレ軽減+AF付き、ワイドアングル(35ミリフィルム換算:広角28ミリ)
外部メモリ microSD(別売、最大2Gバイト)
メインディスプレイ 約3インチ(480×800ピクセル)
サブディスプレイ
ボディカラー ブラッシュドメタル、ブラックローズ、マラカイトグリーン
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


この記事に関連するキーワード

ワンセグ着うたおサイフケータイFeliCaモバイルSuicaLISMOauKDDI


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.