レビュー
» 2007年08月22日 19時19分 UPDATE

「805SC」の“ここ”が知りたい(2):Bluetoothでワンセグの音声を聴けるか――「805SC」

W-CDMA対応として世界最薄のスライド型ワンセグケータイ「805SC」。それだけに、ワンセグの使い勝手に関する質問が多数寄せられた。連続再生時間、ながら操作、着信時の動作などについてチェックした。

[田中聡(至楽社),ITmedia]
photophoto 世界最薄のW-CDMA対応スライドワンセグケータイ「805SC」

質問:ワンセグの連続視聴時間は?

 「805SC」のワンセグの連続視聴時間は約3時間20分。最近のワンセグケータイでは4〜6時間の連続視聴時間が標準的になっていることを考えると少々物足りないが、外出先で2時間程度視聴するのであれば十分だろう。

質問:スライドを閉じるとワンセグは全画面になるか

 Samsung電子初のワンセグケータイということで、その使い勝手についても質問が寄せられた。

 ワンセグは、待受時に十字キーの左にある[テレビ/文字]キーを短押しすると起動する。デフォルトでは映像が横画面で表示され、[テレビ/文字]キーを押すことで縦画面と横画面を切り替えられる。チャンネル切り替えは縦画面では左右キーで、横画面では上下キーで行う。いずれの場合も音量調節はサイドキーを用いる。

photophoto 横画面では、番組名や字幕を表示できるが、サブメニューを呼び出すことはできない

 同じスライドワンセグケータイであるNTTドコモの三菱電機製端末「D903iTV」「D704i」は、本体を閉じると画面が横画面に、本体を開くと縦画面に自動的に切り替わる。しかし805SCは、スライドの開閉と画面の切り替えが連動せず、ワンセグ起動時の画面を「縦」か「横」に設定しておけるにとどまる。

photophoto サブメニューは縦画面でのみ表示できる(左)。テレビ画面でメニュー→設定→起動時画面設定から「縦」か「横」に設定する(右)

質問:ワンセグは録画できるか。また、見ながら使える機能は

photo 十字キーの右側にある「スイッチボタン」からスイッチバーを起動。ただしワンセグと同時にほかの機能は使えない

 テレビ番組を本体フォルダや外部メモリーに録画できるのかという質問も寄せられたが、805SCでは、ワンセグの録画機能は非対応となっている。

 805SCは「スイッチバー」を利用することで、利用中の機能を中断せずにほかの機能をマルチタスク的に呼び出せる。ただし同時に起動できるのは通話、メール、Yahoo!ケータイ、メディアプレーヤーの4機能で、ワンセグは対応していない。

 ワンセグ視聴中にスイッチバーからメールやYahoo!ケータイを起動すると、テレビの音声と映像は中断してしまう。メールやYahoo!ケータイを終了させると、ワンセグの画面に戻る。

質問:テレビ視聴中に着信するとどうなる

 テレビ視聴中に電話が着信すると、決定キーで応答でき、終話後にテレビ画面に戻る。テレビ視聴中にメール受信をすると、バイブレータが作動し、画面最上段に送信元のメールアドレスやメールアイコンを表示する。メールを読むにはいったんワンセグを終了させる必要がある。ワンセグ中断中に映像を自動で録画し、後から見ることができるタイムシフト再生のような機能も搭載しない。

 なお、音声通話、TVコール、アラームは、テレビ視聴時には着信・鳴動しないようにも設定できる。

photophotophoto テレビ視聴中にメニュー→「設定」→「通話&アラーム」から設定。音声通話とTVコールは「着信時優先動作」を「着信通知」に、アラームは「アラーム通知」に設定しておけばいい

質問:Bluetoothでワンセグの音声を聴けるのか

 805SCはBluetoothを搭載しているが、残念ながらワンセグの音声をBluetoothを利用して聴くことはできない。なお、音楽や動画を再生するメディアプレーヤーの音声は、Bluetoothを利用して出力できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.