レビュー
» 2007年08月28日 11時00分 公開

「W52SA」の“ここ”が知りたい(2):ワンセグ機能の実力は──「W52SA」

2.8インチのワイド画面でワンセグを視聴できる三洋電機製の「W52SA」。タイムシフト再生や録画機能への対応、ワンセグ機能の使い勝手などを問う質問が寄せられた。

[坪山博貴,ITmedia]

質問:どんなワンセグ機能を搭載しているのか

 W52SAは、ほかのauのワンセグ対応機と同様、ワンセグ視聴・録画アプリに「au Media Tuner」を採用しており、リアルタイムの番組視聴に加え、音声のみのBGM再生、静止画キャプチャ、手動録画、録画番組などの機能を備える。

 番組録画は保存先を内蔵メモリとmicroSDから選択でき、録画した番組は相互に移動できる。録画はARIB(Association of Radio Industries and Businesses)で定義されたSD-Videoフォーマットに準拠しており、同じフォーマットをサポートするワンセグ対応端末ならmicroSDに録画した番組を再生できる。

Photo ワンセグワンセグ視聴・録画アプリはほかのau端末と共通の「au Media Tuner」を採用。画面を消して音声のみを聞くことができるBGMモードもサポートする

 予約録画にも対応し、1チャンネルずつ最大5時間分を一覧できる電子番組表から予約できるが、放送時間の変更に応じた録画時間の自動追従などには対応しない。録画中に通話が着信した際に録画を続けるバックグラウンド録画機能は装備する。

Photo EPGからの予約録画にも対応。予約録画機能はW53SAやW54Tなどとほぼ共通だ

 タイムシフト再生は、三洋電機製端末では初の採用。ワンセグ視聴中にテレビ操作モードになっていれば、着信やアラーム鳴動時にバックグラウンドで自動で録画を開始し、通話やアラームの確認が終わったら自動録画分をタイムシフト再生できる。タイムシフト再生中は、音声付きの高速再生や早送りが可能で、これらの機能を利用すればリアルタイムの放送に追い付ける。

 タイムシフト再生はカシオや日立製端末が以前からサポートしているが、これらの端末のようにキー操作などで意図的に利用することができない点には注意したい。

Photo ワンセグ視聴中に通話が着信すると、終了後に左の画面に戻り、決定キーでタイムシフト再生を開始できる。タイムシフト再生はクリアキーで終了できる

質問:どんなワンセグ操作ができるか

 ディスプレイを表にして折りたたんだ状態では、チャンネル切り替え(サイドカーソルキー左右)、音量調整(サイドカーソルキー上下)、チャンネルスキャン(サイドカーソルキー左右長押し)、終了/BGMへの移行(クリアキー長押し)などが可能だ。

質問:ワンセグ視聴中に端末を閉じるとどうなるか

 ディスプレイを表にした状態で閉じた場合は、自動でフルスクリーン再生に移行し、再度開くと縦向きの再生に移行する。

 ディスプレイを裏にして閉じた場合は、ワンセグを終了したりBGMモードに移行するわけではなく、ディスプレイ表示が無効になるだけで動作を継続し、音声も出力される。この場合、サブディスプレイに「au Media Tuner」のアイコンが表示され、BGMモードではないことを確認できる。ちなみに録画中の動作も同じだ。

Photo ワンセグ視聴中にディスプレイを裏にして閉じると、背面ディスプレイにはau Media Tunerのアイコンが表示される。BGMモードの場合、このアイコンは表示されない

質問:ワンセグの画質設定はあるか

 W52SAでは、「スタンダード」「ダイナミック」「シネマ」の3種から画質を選べるようになった。ダイナミックはより明るく、シネマは少し赤みが強く落ち着いた感じの画質になる。なお、画質設定は視聴時の画質を調整するもので、録画データには影響しない。また録画番組の再生時には設定を変更できず、視聴用の設定が反映される。

Photo 画質設定は「機能」→「各種設定」→「機能設定」→「画質設定」と階層が深く、頻繁に切り替えて利用するにはやや不便だ

質問:録画番組の再生を途中でやめた場合、続きから再生できるか

 録画番組の再生は常に先頭からとなる。再生停止位置を記憶して続きを再生したり、手動でインデックスを設定してそこから再生する機能は用意されない。ただしジャンプ再生機能を利用すると、分単位で任意の再生位置に移動できる。

Photo 再生時にはジャンプ機能(「5」キー)で1分単位で再生位置を移動できる


関連キーワード

ワンセグ | au | W52SA | 三洋電機


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう