ニュース
» 2007年09月14日 13時59分 UPDATE

ケータイ動画の祭典「ポケットフィルム・フェスティバル」を横浜で開催──東京藝大とソフトバンク

東京藝術大学とソフトバンクは12月7日〜9日の3日間、「ポケットフィルム・フェスティバル」を横浜で開催すると発表。これに合わせ、ケータイで撮影した動画を素材に使った映像作品を一般から募集する。

[園部修,ITmedia]
Photo

 東京藝術大学大学院映像研究科とソフトバンクグループが9月14日、携帯電話を撮影機材とする映画祭「ポケットフィルム・フェスティバル」を12月7日から9日まで開催すると発表した。会場は東京藝術大学映像研究科、横浜キャンパス新港校舎。

 ポケットフィルム・フェスティバルは、パリ市立映像フォーラム「フォーラム・ド・イマージュ(Forum des images)」が2005年から開催している映画祭で、第3回目が2007年6月にポンピドゥー・センターで開かれた。この取り組みを世界規模で発展させるために、東京藝術大学とフォーラム・ド・イマージュが提携し、12月に横浜でも開催することを決定。欧米だけでなくアジア・太平洋地域からの作品の参加を働きかける。ソフトバンクグループは実行委員として参画する。

 今回横浜で開催されるポケットフィルム・フェスティバルでは、従来から募集していた、携帯電話で撮影した素材を元に制作し、大画面で上映する「スクリーン上映作品」に加えて、携帯電話の画面で映し出す「モバイル・ディスプレイ作品」も初めて募集する。小さなディスプレイでの上映を前提とすることで、新たな表現が生まれることに期待する。審査委員長はメディア・アーティストであり、東京藝術大学大学院映像研究科長でもある藤幡正樹氏が務める。

 同フェスティバルでは、スクリーン上映作品とモバイル・ディスプレイ作品のコンペティション作品を一般からも募集する。携帯電話で撮影した映像を素材にしていれば、作品のテーマおよび時間は自由で、映画祭最終日に発表される大賞作品には賞金50万円、優秀賞には賞金25万円が贈られる。受付は9月21日から11月5日まで。応募方法の詳細は公式サイト http://www.pocketfilms.jp/ を参照のこと。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう