ニュース
» 2007年10月09日 14時30分 UPDATE

KDDI、「EZホットインフォ」解除で総額5000万円以上を誤請求

KDDIは、本来は無料で行える「EZホットインフォ」の解除操作に対し、約100万件、総額5008万円以上を誤請求していたと発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは10月9日、au向けのメルマガサービス「EZホットインフォ」の解除操作に対し、本来は無料で行えるにもかかわらずパケット通信料を誤って課金しユーザーに請求していたと発表した。

 2006年9月15日から2007年4月30日までの約7カ月半の間に、全国で100万1870件分、金額で総額5008万442円(1件あたり約50円)を誤請求していた。原因はパケット通信料を無料とするための登録作業ミスによるもので、料金システムの不具合ではないという。10月8日現在で1件の問い合わせがあった。

 対象ユーザーには、2007年10月度(9月利用分)の請求金額から差し引くことで返還する。また、すでに解約している場合は、別途ダイレクトメールで返金方法を通知するという。ただし当時の利用料金が、パケット定額サービスの上限額内またはパケット割引サービスの無料通信料内だった場合は返還しない。

 KDDIでは、誤請求の確認と対象ユーザーの特定、料金の再計算に時間を要したため発表が遅くなったとしている。また、今後は社内管理体制を強化することで、再発防止に努めるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.