ニュース
» 2007年10月16日 11時05分 UPDATE

Rev.A+有機EL+BT搭載、ウォークマンと連携するエレガントケータイ――「W54S」

ソニー・エリクソン製の「W54S」は、「au×Sony MUSIC PROJECT」のLISMOオーディオ機器連携に対応する音楽ケータイ。有機ELディスプレイを採用し、大容量メモリとBluetoothの搭載で多彩に音楽を楽しめる。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のau端末「W54S」は、KDDとソニーの共同プロジェクト「au×Sony MUSIC PROJECT」が生み出したLISMOのオーディオ機器連携に対応し、エレガントなフォルムに音楽と映像を楽しむための機能を詰め込んだハイエンド端末だ。

photo

PhotoPhotoPhoto 「W54S」の外観は東芝のW56Tとほぼ同じ。ボディカラーはランボワーズレッド、ベルベットブラック、アクアブルーの3色を用意
photo

 ボディは、光沢のあるシルバーフレームと表面のツヤ感がエレガントさを持つ折りたたみ型。上り最大1.8Mbps/下り最大3.1Mbpsの高速通信を利用できる「EV-DO Rev.A」に対応し、新たにテレビ電話サービスが利用できるようになった。

 また、従来の「au Music Port」に音楽管理ソフト“Sonic Stage”機能を統合した「LISMO Port」に対応し、端末でダウンロードした着うたフルをPC経由でウォークマンに転送できるほか、PC向け音楽配信サイト「mora」との連携で70万曲以上のラインアップから欲しい曲をダウンロード可能になった。加えて、ソニー製のHDDコンポ「ネットジューク」でも着うたフルを楽しめるほか、楽曲のバックアップや「Any Music」で購入した音楽を端末に転送するなど、携帯電話を中心にしたさまざまな生活シーンで、音楽を楽しめる。

 内蔵メモリは約800Mバイト(暫定値)と大容量で、AVプロファイル対応のBluetooth機能も搭載。外部メモリにはmicroSDを採用する。メインディスプレイは、ワイドQVGA(240×400ピクセル)表示対応の約2.8インチ有機ELで、ワンセグやLISMOビデオクリップなどを鮮やかに表示可能。ワンセグを見ながらメールを表示するといった、2つの機能を同時に表示する「マルチプレイウィンドウ」に対応する。

photophoto

 また、au one メールやau one GREEなどの最新情報や各種ツール類を待受画面に表示する「au one ガジェット」を新たに搭載。そのほかEZ FeliCaやオープンアプリプレイヤー、PCサイトビューアー、EZ ナビウォーク、SD-Audio再生などに対応する。

機種名 W54S
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×106×17.8ミリ
重さ 約145グラム(暫定)
連続通話時間 検討中
連続待受時間 検討中
カメラ AF付き有効324万画素
外部メモリ microSD
メインディスプレイ 約2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル) 有機EL
サブディスプレイ 7×7ドット LED
主な機能 ワンセグ、着うたフル、LISMOビデオクリップ、EZ FeliCa、Bluetooth、PCサイトビューアーほか
ボディカラー フランボワーズレッド、ベルベットブラック、アクアブルー
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.