調査リポート
» 2008年02月29日 23時45分 UPDATE

受験生がもらってうれしいのは“画像付き応援メール”

エヌ・ティ・ティ・アドが、受験生を応援する商品とコミュニケーションルーツに関する実態調査の結果を発表。商品については「菓子/食品/飲料」の認知度が高く、購入経験も5割近くにのぼる。合格祈願や応援のメッセージはメールと通話が主流だ。

[ITmedia]

 エヌ・ティ・ティ・アドは2月28日、「受験生応援関連商品とコミュニケーションに関する利用実態調査」の結果を発表した。調査は2月1日から5日まで、13歳から49歳の受験経験者/予定者、およびその家族、親戚、友人を対象としたインターネットアンケート方式で行なった。有効回答数は416人。

 同調査は、受験生応援商品と応援のためのコミュニケーションツールの認知、利用実態について調べたもの。受験生の「応援キャンペーンを行っている菓子/食品/飲料」は、各年代通じ8割から9割と高い認知度を示しており、購入経験も5割近い。年代別でみると、10代ではおよそ3分の2が購入した経験があると回答している。

 また、合格祈願・受験応援メッセージを伝えるコミュニケーション手段としては、「文字を使ったメール」と「電話」(いずれも携帯電話を含む)が主流。特に10代では「文字を使ったメール」を送った経験がほぼ半数、受け取った経験が4割超となった。

 メッセージがもらえるとうれしいものとしては、「文字メール」「電話」という回答が多かった。しかし、「画像/映像/音声等が添付されたメール」は、実際にもらった経験数に比べて「うれしい」と回答した人が多く、今後の利用拡大の可能性が認められるという。

 受験生応援関連商品とコミュニケーションについては、NTTアドのCGMテキストマイニングサービス“CGM Watch”を活用し、ブログ記事から消費者の生の声を収集・分析中で、結果は3月中に発表する予定だという。

関連キーワード

コミュニケーション | CGM | ブログ


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう