ニュース
» 2008年03月18日 15時42分 UPDATE

ドコモ、“Windowsケータイ”を遠隔管理するシステムを開発――「F1100」などに対応

NTTドコモは、OSにWindows Mobile 6を搭載した“Windowsケータイ”を遠隔管理するシステムを開発した。「F1100」などを対象に、設定の一括操作や状態監視、紛失時の端末ロックやデータ削除が行える。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは3月18日、Windows Mobile 6を搭載したFOMA端末を遠隔管理する法人向けシステムを発表した。FOMAのパケット通信網だけでなく、無線LANを使った管理も行えるなど、さまざまなセキュリティポリシーに対応できるという。

 このシステムは、富士通製スマートフォン「F1100」など、OSにWindows Mobile 6を搭載したFOMA端末に対して、メールなどの接続設定や業務アプリケーションのインストールといった操作を一括で行える。さらに、各種デバイスの利用制限や端末状態の監視、紛失時の端末ロックやデータ削除といった管理も行え、情報漏洩を防止できるという。セキュリティに関する項目は、企業ごとのセキュリティポリシーに対応して遠隔制御する項目をカスタマイズ可能だ。

 ドコモでは、このシステムを導入すれば企業の管理者が適切に端末を管理でき、熟練度の異なる端末ユーザーの管理負担が軽減できるとしている。また、携帯電話網だけではなく無線LANを利用した監視制御も可能なため、さまざまな業務シーンに対応できるという。

 ドコモは、今回開発した遠隔管理システムとF1100を利用したトライアルを、複数の法人企業に提供する予定だという。

携帯電話管理システムの概要

photo 携帯電話管理システムの利用イメージ
遠隔制御項目
ユーザや管理者の手間軽減 アプリケーション配信(一括インストール、アンインストール)
 遠隔設定・状態取得
 ・メール設定・Bookmark設定 ・ActiveSync(電話帳などの同期機能)設定
 ・各種設定状況の取得
 ・メモリ残量、電池残量、起動中のアプリケーションなどの情報取得
企業を守る機能 各種デバイスの制限(カメラ、microSD、USB、赤外線、Bluetooth、FOMAカードへの電話帳書込み)
 ・ローカルロック設定
 ・ロック設定状況の取得
 ・携帯電話紛失時の対応(ロック、初期化)
 ・携帯電話パスワード一定回数誤入力によるデータ削除
 ・未許可アプリ定期監視

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう