ニュース
» 2008年03月24日 19時07分 UPDATE

みまもりほっとラインの「iポット」が“おでかけお知らせ”機能を搭載

象印マホービンは3月24日、お年寄りの生活状況を電気ポットで見守る「みまもりほっとライン」サービスに、外出や帰宅を知らせる“おでかけお知らせ”機能を追加し、対応する「iポット」新モデルを発表した。

[ITmedia]
Photo iポット(CV-DA22)。容量は2.2リットルで、サイズは215(幅)×300(高さ)×280(奥行き)ミリ。保温力を高めた「VE電気まほうびん」、軽く押すだけの「電動給湯」、壁や家具への蒸気の影響を抑える「蒸気セーブ」、お手入れ簡単な「フッ素加工内容器」、うっかりふれてもお湯が出ない「自動給湯ロック」、空だき防止機能、転倒時の湯もれを抑える安心設計といった特徴を備える

 象印マホービンは3月24日、離れて暮らすお年寄りなどの生活状況を、電気ポットの利用状況を通して見守る「みまもりほっとライン」サービスに、外出や帰宅をメールで知らせる「おでかけお知らせ」機能を追加し、同サービスに対応した「iポット」の新モデルを発表した。5月21日からサービスを開始する。

 みまもりほっとラインサービスは、ドコモの通信モジュールを内蔵した電気ポット(iポット)を利用して、電源を入れた、給湯をした、といったポットの使用状況を、離れて暮らす家族などの携帯電話やPCのメールに1日2回通知するもの。“今日は1日電源を入れていない”といった異変が発生した場合にはすぐ気づくことができる一方、見守られる側に負担や不安がないというメリットがある。

 ただ、従来のサービスでは、ポットの使用者が長時間ポットを使っていない状態が、ユーザーの外出によるものか、それともユーザーの体調悪化などによるものかが判別できないという問題があった。そこで新しいサービスでは、おでかけお知らせ機能を用意し、ユーザーがポットにある「おでかけ」ボタンを押すと、お知らせメールで外出したことが分かるようにした。帰宅後再度おでかけボタンを押すと、帰宅時間も知らせることが可能。

 なお、現在提供されているポットの未使用時間や最新の使用状況5件の通知、気になるときに使用状況を確認できる「メールリクエスト」、専用Webページで1週間分の使用状況をグラフ表示する機能、3日分のグラフをiアプリ上で確認できる「みまもりあぷり」などは引き続き提供される。

PhotoPhoto みまもりほっとラインサービスは、携帯電話などで電気ポットの利用状況が確認できるサービス。未使用時間などを知ることで異変がないかをチェックできる。定時連絡のほか、使用状況を知らせるメールのリクエストもできる
Photo 契約者専用サイトで、過去1週間の使用状況をグラフ表示する機能も提供する

 利用料金は、初回契約料が5250円で、月額は3150円。iポットは新品をレンタルする形になる。オプションで、通知先のメールアドレスを1件に付き105円で最大2件まで追加できる。

 なお、今回の新サービス開始にともなって、ポットもモデルチェンジする。本体は保温力の高い「VE電気まほうびん」に変更し、年間の消費電力量を約3分の2に削減。通信機能は、DoPa網が2012年で利用できなくなるため、新たにFOMAに対応。ムーバのサービスが終了する2012年以降も利用可能だ。

関連キーワード

携帯電話 | 象印マホービン | FOMA | NTTドコモ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう