速報
» 2008年04月25日 23時35分 UPDATE

オープンソースの中小規模サイト向けCMS「SOY CMS」、携帯サイトの機能を拡充

[ITmedia]

 日本情報化農業研究所は4月25日、同社が開発したオープンソースCMS「SOY CMS」の携帯サイト向け機能を拡充し、動作条件を緩和した新バージョンを、4月28日にリリースすると発表した。

 SOY CMSは中小規模サイト向けCMSで、新バージョンでは3キャリア対応の絵文字表示機能、携帯端末で閲覧しやすいページの作成を支援する機能を追加する。またモジュール版に加え、CGI版のPHPでも動作するようにするなど、動作条件を緩和する。CGI版に対応することで、安価なレンタルサーバでの利用が可能となり、小規模なサイトへの導入が容易になるという。

 動作環境は「PHP5.2以降が使用できる」「SQLite2もしくはMySQL4以降が使用できる」「.htaccessが使用できる」「mod_rewriteが有効」という条件を満たすApacheサーバ。

 SOY CMSのライセンスには、無償のオープンソースライセンスとソースコード公開義務の無い有償ライセンスの2種類がある。有償ライセンスは5万2500円で、購入日から180日間、合計3回まで無料サポートを提供する。

関連キーワード

CMS | CGI | PHP | Apache | キャリア | 絵文字 | 携帯サイト


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう