ニュース
» 2008年05月28日 07時30分 UPDATE

Vodafone、CEO交代を発表

英Vodafoneで5年にわたりCEOを務めたアルン・サリーン氏が7月で退任。CEO代理のビットリオ・コラオ氏が後任となる。

[ITmedia]

 英Vodafone Groupは5月27日、アルン・サリーンCEOが7月29日付で退任すると発表した。後任には、CEO代理のビットリオ・コラオ氏が就任する。

yu_arun.jpg アルン・サリーン氏

 サリーン氏は、2003年に同社のCEOに就任。ルーマニアやチェコ、インドなどの新興国への進出やインドのHutchison Essarの買収に携わる一方、スウェーデン法人や日本法人の売却などを指揮した。

 ジョン・ボンド会長は「アルンは、CEOとして多大な仕事を成し遂げ、急速な変化の時期に、当社の舵取りをしてきた」とコメントしている。

yu_vittorio.jpg ビットリオ・コラオ氏

 後任のコラオ氏は、イタリアのOmnitel Pronto ItaliaでCOO(最高執行責任者)やCEOを務めた後、同社の買収に伴いVodafone入り。南欧、中東、アフリカ地域担当CEOを務めた後、イタリアのメディア企業RCS MediaGroupでのCEOなどを経て、2006年からVodafoneのCEO代理を務めている。

関連キーワード

CEO | Vodafone | iPhone


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.