レビュー
» 2008年05月30日 00時04分 UPDATE

写真で解説する「SO906i」 (1/3)

直感的にメディアと光を操るドコモの“BRAVIAケータイ”2代目が「SO906i」。BRAVIAの映像技術と洗練競れたデザイン、そして、ソニー・エリクソン製端末ならではといえる「あ、使いやすい。これ、楽しい」と思える“使い勝手と遊び心”が徹底して強化されていた。

[太田百合子,ITmedia]

 「SO903iTV」以来、ひさびさに“BRAVIA”ブランドを冠したソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「SO906i」だ。

 「メディアランチャー」やモーションセンサーによる傾ける操作など、横向き画面でも操作しやすい新ユーザーインタフェース(UI)を採用するほか、Windows Media Videoの再生対応、音楽付きのスライドショー機能、「番組オススメ」機能など、ソニー・エリクソン製端末らしい、エンタテインメント周りの機能が充実した。906iシリーズは2007年冬モデル「905シリーズ」を継承したリニューアル機種が多い中で、SO906iは新たに搭載した機能の豊富さで際立っているといえる。

photophoto ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「SO906i」。カラーはCosmic Black、Starlight Blue、Aurora Red、Mirage Pinkの4色を用意する
photophoto ヘアライン加工された上質な背面パネルに“BRAVIA”ロゴを配する
photophoto 裏面にAF付き320万画素カメラと赤外線ポート(IrSimple/IrSS対応)、FeliCaマークがある。レンズ部はほんの少しふくらんでいる。回転2軸ボディを採用し、ワンセグ、映像、写真、フルブラウザなどを横向きで楽しめる横向き用UIも備える
photophoto ディスプレイは3インチのフルワイドVGA(480×864ピクセル)液晶。1677万色表示に対応し、ソニーとソニー・エリクソンが共同開発した高画質化技術「モバイル“BRAVIA”エンジン」により、動画・静止画ともに彩度が高く自然で鮮やかな表現を可能にする。受話スピーカーの左右に横向きのビューワスタイル時に上下キーとして機能するキーが2つ備わる(左)。自然な構成のダイヤルキー。中央が盛り上がった山型のキーがなかなか操作しやすい。なお、ジョグダイヤル +JOGは省かれた(右)
photophoto SO905iに続き、裏面に角度を調整できるスタンドを内蔵する。スタンドの支持方法を変更したのがポイントの1つ。これならば、スタンド使用時に万が一何らかの力が加わっても大丈夫である
photophoto 本体左側面は[プッシュトーク]キーと卓上ホルダ用の接点、右側面に上下/音量調整キー、平型イヤフォン端子、カメラキー、TVキーを配置する。音量調整キーは横向きのメディアランチャー操作時やフルブラウザ使用時に、左右キーとしても機能する。なお、平滑な背面側と異なり、裏面・底面にいくにつれてなだらかに角が落とされていくラウンドデザインになっている。これが、かなり持ちやすいのである
photophoto 本体底面に充電・通信端子とストラップホール、上面にワンセグ用ロッドアンテナが備わる
photo micriSDスロットとSIMカードスロットへはバッテリーを外してアクセスする。microSDは8GバイトのmicroSDHCもきちんと認識した
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.