速報
» 2008年06月03日 23時10分 UPDATE

富士急ハイランド、「iD」など4種の決済サービスを導入

[ITmedia]

 富士急行は6月2日、富士山北麓のアミューズメントパーク“富士急ハイランド”に、クレジットカード決済、中国人観光客向け決済サービス「銀聯(ぎんれん)」、後払い電子マネー「iD」「QUICPay」を導入すると発表した。

 6月2日に、富士急ハイランドのチケット売場と一部売店でこれら4種の決済サービスを開始し、7月上旬を目途に園内のほとんどの売店、レストランでも使用可能にするという。

 なお、銀聯、iDおよびクレジットカード決済(VISA、MasterCard)は三井住友カードとの、QUICPayおよびクレジットカード決済(JCB)はジェーシービーとの提携によりサービスを提供する。

 富士急行は今後も三井住友カードおよびジェーシービーと協力し、富士急行グループの各施設に銀聯、iD、QUICPayを拡大するとしている。

関連キーワード

QUICPay | 電子マネー | iD


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.