ニュース
» 2008年06月09日 17時09分 UPDATE

KDDIと三菱東京UFJ銀行、「じぶん銀行」としてモバイルネット銀行の営業免許を申請

KDDIと三菱東京UFJ銀行は6月9日、共同設立した会社、モバイルネットバンク設立調査の銀行営業免許に関する予備審査が終了したことを受けて、商号を「じぶん銀行」に変更し、銀行営業免許を申請した。

[ITmedia]

 KDDIと三菱東京UFJ銀行は6月9日、共同設立したモバイルネットバンク設立調査が金融庁に申請していた、銀行営業免許の予備審査が終了したことを発表。これを受け、モバイルネットバンク設立調査は商号を「じぶん銀行」に変更し、金融庁に銀行営業免許を申請した。

 じぶん銀行の前身となるモバイルネットバンク設立調査は、KDDIと三菱東京UFJ銀行のインフラやノウハウを融合し、「携帯電話の特徴を最大限に活用した、これまでにない金融サービス」(KDDI)を提供するため2006年に設立された。出資比率はKDDIと三菱東京UJF銀行がそれぞれ50%ずつ。

 モバイルネットバンク設立調査の設立当時は、携帯番号での振込みや携帯電話から即時に口座開設ができるサービス、ショッピングやオークションなどで利用できる決済サービス、携帯から手軽に利用できるコンシューマーファイナンスサービスなどを提供する予定としていた。

 また2007年4月には、円/外貨預金や株式・投資信託(仲介)、保険(代理店)、カードローン、クレジットカード、振込、各種決済サービス、電子マネーチャージなどの金融機能などを提供するほか、アドレス帳から相手を選んで即座に振り込める機能や、携帯電話のメイン画面から直接ログインできる機能、取引履歴を携帯画面で確認できる「携帯電話通帳機能」などを提供することを発表。しかし、じぶん銀行でどのようなサービスをどういったスケジュールで提供するかは「現状ではまだ詳細が決まっていない」(KDDI広報部)としている。

 じぶん銀行は、銀行営業免許が取得できれば、7月中に顧客向けのサービスを開始する。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


関連キーワード

銀行 | KDDI | ネット銀行 | 携帯電話


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.