調査リポート
» 2008年07月11日 07時00分 UPDATE

iPhone 3G、購入予定者の3割が「セカンドケータイ」として利用

ネットエイジアが、7月11日に発売されるiPhone 3Gに関する意識調査の結果を発表。購入予定者が魅力を感じている機能はトップが「音楽プレーヤー機能」。また、購入予定者の3割が「セカンドケータイ」として購入すると回答した。

[ITmedia]

 ネットエイジアは7月10日、「iPhoneに関する調査」の結果を発表した。調査は7月9日と10日、15歳から59歳のケータイユーザー1500人を対象に行ったもの。

 iPhone購入予定者に魅力に感じている点を複数回答形式で聞いたところ、「音楽プレーヤー機能」という回答が92.3%と最も多かった。以下「デザイン」「タッチスクリーン」「Webブラウザやインターネットメール機能」「動画閲覧機能」「カレンダーやスケジュール管理機能」の順で続いた。

 iPhoneの購入予定に関する意識調査を実施したところ、回答者1500人のうち11%にあたる165名が購入予定者、または購入検討者となった。また購入予定者のうち30.8%は「セカンドケータイ」として購入を考えているという。

 購入予定者または購入検討者をキャリア別に見ると、ソフトバンクモバイルユーザーでは男性28.6%、女性16.9%、ドコモユーザーでは男性12.4%、女性7.0%、auユーザーでは男性12.9%、女性5.2%。

 なお、発売を目前に控えたiPhoneの認知度は「何であるか、知っている」が52.3%、「何であるかは知らないが、名前を聞いたことはある」が30.1%、「名前も聞いたことがないし、知らない」が17.5%となった。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう