調査リポート
» 2008年07月16日 07時00分 UPDATE

約半数が「読書はやっぱり紙で」――若い世代も

アイシェアが、読書に関する意識調査の結果を発表。ケータイ向け電子書籍の市場が急拡大しているが、回答者の約半数が「本は紙がいい」と回答。若い世代でも「本は紙」という考えが根強い。

[ITmedia]

 アイシェアは7月15日、「読書に関する意識調査」の結果を発表した。調査は7月1日から3日まで、同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に実施したもので、有効回答数は364名。

 同調査によれば、文庫などの書籍を読む量は以前と比べて「変わらない」という回答が42.3%で最多。「減った・読まなくなってきた」が33.2%、「もともと、あまり読まない」が14.6%で、「増えた」としたのは9.9%だった。

 性別で見ると「変わらない」は男性40.3%に対し女性45.5%、「もともと、あまり読まない」は男性17.2%に対し女性10.5%で、男性よりも女性に読書好きが多いようだ。年代別では、「変わらない」は40代で45.8%、30代で40.6%、20代で39.5%と若い年代ほど低く、「もともと、あまり読まない」は40代で8.5%、30代で16.8%、20代で20.9%と若い年代ほど高くなっており、若い世代の活字離れを裏付ける結果となった。

 携帯電話やゲーム機などのツールで本が読める電子書籍が増えてきたことに関しては、「本は紙が良い」という意見が46.4%で最も多く、性別や年代を問わずトップとなった。30代では42.1%とやや低いが、40代では52.5%、20代でも51.2%と約半数が支持しており、若い世代も「本は紙」という考えが根強いことが分かった。

 電子書籍に関するその他の意見は、「読みたいが、目が疲れそう」が28.3%、「本より安ければ読みたい」が12.6%、「電子も紙も変わらない」が8.0%と並び、「賛成、どんどん読みたい」は最下位の4.7%で、女性ではわずか1.4%だった。女性は「読みたいが、目が疲れそう」も31.5%と、男性の26.2%よりも高くなっており、調査対象となった20代以上では「ケータイ小説にはまる女子高生」のイメージとはかけ離れ、電子書籍支持派は少ないようだという。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう