調査リポート
» 2008年08月13日 07時00分 UPDATE

ケータイは何のための道具?――10代は“メール”、30代後半は“通話”がトップに

ネットエイジアが、ケータイの所有と利用に関する実態調査の結果を発表。「ケータイは何のための道具か」という質問では、約3割が“メール”と回答。ただし、これは世代によって異なるようだ。

[ITmedia]

 ネットエイジアは8月12日、「ケータイ所有と利用」に関する実態調査の結果を発表した。調査は8月5日から同9日まで、15歳から39歳のケータイユーザーを対象に行ったもので、有効回答数は444人。

 同調査によれば、ケータイ(PHS含む)を初めて持った年齢は「16歳〜18歳」という回答が23.2%で最多。これに「20歳〜24歳」が22.3%、「13歳〜15歳」が18.7%で続いた。10代では72.2%が15歳までにケータイを所有したという結果が得られた。キャリア別では、ドコモユーザーでは15歳までの割合が23.0%、18歳までが41.8%、auユーザーでは15歳までが24.0%、18歳までが53.3%、ソフトバンクユーザーでは15歳までが30.0%、18歳までが56.0%だった。

 「ケータイは自分にとって何の道具か?」という質問では、「メールするための道具」という回答が31.5%で第1位。以下「話すための道具」が18.9%、「コミュニケーションするための道具」が17.1%、「生活するため絶対なくてはならない道具」が9.7%、「遊びができる道具」が6.1%、「仕事で必要な道具」が5.2%と続いている。

 なお10代のトップ5は「メールするための道具」36.1%、「コミュニケーションするための道具」16.5%、「遊びができる道具」13.4%、「生活するため絶対なくてはならない道具」12.4%、「音楽を聞く道具」7.2%。35歳から39歳の年代では、「話すための道具」という回答が30.4%と最も多い点がほかの年代と異なった。また回答の3番目には13.0%の「仕事で必要な道具」という回答が入っている。

 ケータイ、PC、ゲーム機、テレビのIT機器4機種のうち、取り上げられたら一番困るものは何かを聞いたところ、回答の比率は違うものの、年代問わず「ケータイ」という回答が最も多かった。「ケータイ」という回答比率が他に比べ多かったのは20歳から24歳の年代で66.3%、最も少なかったのは35歳から39歳で43.5%だった。「ケータイ」の次に回答が多かったのは、15歳から19歳と25歳から29歳では「PC」でそれぞれ21.6%、24.6%。20歳から24歳、30歳から34歳、35歳から39歳の世代では、「テレビ」という回答が「ケータイ」に次いで多かった。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう