ニュース
» 2008年10月17日 23時23分 UPDATE

パナソニック電工、遠隔監視・制御サービスにWebアクセス機能を追加

[ITmedia]

 パナソニック電工ロケーションシステムズは10月16日、設備の遠隔監視・制御サービス“ラピキャス”に「WEBアクセス機能」を追加し、提供を開始した。

 ラピキャスは、プッシュ型Eメールにより、設備の遠隔監視や制御を可能にするサービス。FOMAやCIPL2などの閉域パケット通信網を利用し、設備側からの異常通知や定期通知をPC、携帯電話にメール送信するAプランと、Aプランの機能に加えてPC、携帯電話から設備側へ制御コマンドのEメールをリアルタイムに送信するBプランがある。

 今回追加したWEBアクセス機能では、PCや携帯電話のWebブラウザ画面から対象設備のWebサーバにログインし、リアルタイムで設備の状態確認や制御が行える。動作確認済み通信機は日立産機システムのCPTrans-EXおよびセンチュリー・システムズのFutureNet MA-450/XW。

 Aプランの料金は初期費用が1IDにつき1000円、月額費用が1IDにつき500円、Bプランの初期費用が1IDにつき3000円、月額費用が1IDにつき1000円。WEBアクセス機能が利用できるCプランは初期費用が1IDにつき3000円、月額費用が1IDにつき1000円となっている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう