ニュース
» 2008年10月26日 04時15分 UPDATE

P&T/Expo Comm China 2008:「モデムマウス」「社長ケータイ」──中国の展示会で見かけた気になるケータイ (1/3)

中国最大の通信関連展示会「P&T/Expo Comm China 2008」には、中国ならではのおもしろそうな製品も展示されていた。中には日本でもぜひ発売してほしいと思える製品も発見。それらをいくつか紹介しよう。

[山根康宏,ITmedia]

W-SIM対応GSM端末とW-SIMモジュールを展示──OKWAP

 OKWAPは、ウィルコム端末に用いられるW-SIMスロットを備えたGSM端末「OK688」という製品の展示を行っていた。

photophoto W-SIMスロットを搭載するOKWAPのGSM端末「OK688」。バッテリーカバーを外すとGSMのSIMカードスロット、端末の上部にW-SIMスロットを備える。PHS対応の(P)、GSM対応の(G)、CDMA対応の(G)、GPS対応の(GPS)と、4種類のW-SIMが展示されていた

 OK688はGSM用のGSM用のSIMカードスロットとW-SIM用スロットを搭載。GSMは3バンド対応、W-SIMモジュールの装着でデュアルモード端末として利用可能だという。同じ場所に参考展示されていたW-SIMはGSM対応、CDMA対応、PHS対応、GPS対応の4種類。例えばCDMAモジュールを装着すると“GSM+CDMA”のデュアル端末として利用できるわけだ。

 残念ながら、これら製品の発売時期や発売国、どの通信事業者から発売されるのかといったことはまだ秘密だという。W-SIMを用いるということで、もしウィルコムから発売されるならば日本国内はウィルコムのPHS網、海外ではGSM対応の国際ローミング機として利用できる端末ということになろう。こちらはぜひ日本での登場を望みたいところだ。

ノートPCユーザーには意外にいいかも──マウスとHSDPAモデムが合体したHuaweiのアイデア製品

photo Huaweiのvodafoneロゴ入りHSDPAモデム内蔵マウス。「これ、意外によくない?」と思う日本のユーザーも多そう。Huawei製だけに、イー・モバイルでの登場を勝手に期待することにしたい

 Huaweiブースには、一見すると単なる有線マウスにしか見えない製品「M3710」が展示されていた。

 通信関連の総合展示会になぜマウスがあるのかと思ったが、なんとマウスの中にHSDPAモデムが内蔵されているのだという。仕様はW-CDMA 2バンド(900M/2100MHz)とGSM 4バンドに対応。下り最大7.2MpbsのHSDPA通信と上り最大5.76MpbsのHSUPAに対応する。

 日本でもUSB接続タイプのデータ通信端末を所持するノートPCユーザーは多いが、“少し複雑な作業をするとき用”などにマウスも別途携帯する場合も多い。これなら接続するUSB端子が1つで済むし、いろいろ手間も省ける。そういえばなぜ今までなかったのだろうと思えるアイデア製品ではないだろうか。さらに1歩進んで、Bluetoothなどにて無線化してもらえるともっと便利に使えるようになりそうだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.