調査リポート
» 2008年11月27日 07時00分 UPDATE

携帯のコンテンツ利用、生活パターンの違いで異なる利用傾向

ドコモ・ドットコムがライフスタイル別にiモードコンテンツの利用動向を調査した結果を発表。職業や生活スタイルの違いが、コンテンツの利用傾向の違いとなって現れている。

[ITmedia]

 ドコモ・ドットコムは11月26日、「ライフスタイル別、iモードユーザー利用実態調査」の結果を発表した。調査は8月1日から同5日まで、全国在住の15歳から49歳の、直近1カ月以内にiモードを利用したドコモユーザーを対象に行ったもので、有効回答数は3570人。

 調査によれば、「最も利用している有料のiモードサイトのジャンル」は、「着うた・着うたフル・着信メロディ」が最多となったが、職業別に見ると回答比率に大きな違いがみられた。「着うた・着うたフル・着信メロディ」というジャンルを利用したという回答の比率は、専業主婦が最も高く32.7%。次いでパート・アルバイトが28.3%、学生が22.0%、社会人が20.5%となった。

 これに対して、「ニュース・スポーツ・天気情報」ジャンルを利用したとする回答比率は、社会人が23.7%で最も高く、専業主婦は11.6%と最も低い数値となった。専業主婦はテレビなど、他メディアに接触する機会が多いため、「ニュース・スポーツ・天気情報」にはお金をかけず、代わりに音楽系のコンテンツを有料利用する傾向が見られるなど、生活パターンの違いがコンテンツ利用傾向の違いとなって現れているようだ。

 また「iモードサイトに関する情報の収集先」を聞いたところ、「iモードのメニューリストから情報収集する」と回答した割合は、パート・アルバイトが43.3%、専業主婦が38.0%、社会人が36.9%、学生が28.3%だったのに対し、「家族・友人からの口コミ」と回答した比率は、学生が35.6%、専業主婦が24.4%、パート・アルバイトが21.3%、社会人が18.6%という結果が得られた。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう