速報
» 2009年02月17日 14時09分 UPDATE

パナモバ、日立端末の伸びが顕著に――ビートレンドのアクセス実勢調査

[ITmedia]

 ビートレンドは2月16日、2009年1月の携帯端末ごとのアクセス実勢調査の結果を発表した。

 同社の携帯向け総合販促ASPサービス「BeMss」を利用する法人企業携帯サイトに、どの端末からアクセスしているかを調査したもの。調査は特定の業種や規模、サービス内容に偏っていないため、実勢に近い端末ごとのシェアを把握することができるという。

 今回の調査によれば、キャリア別のアクセス数はNTTドコモが59.6%、auが30.9%、ソフトバンクモバイルが9.5%で、前回2008年10月の調査結果から大きな変化はなく、ほぼ横ばいとなった。

 キャリアおよび端末別のアクセス数トップ5は、NTTドコモが「P905i」「N905i」「P906i」「SH905i」「SH906i」、auが「W53H」「W52SH」「W53CA」「W53T」「W61SH」、ソフトバンクモバイルが「911SH」「812SH」「913SH」「912SH」「920SH」。

 NTTドコモではパナソニック モバイルコミュニケーションズが前回の3.7%から4.7%へと大きくシェアを伸ばしている。auではWoooケータイW53Hがシェアを伸ばし、5位にAQUOSケータイW61SHがランクインするなど、家電系ブランドを冠したモデルの中でも、特にワンセグ機能にフォーカスしたモデルのシェアが伸びていることが分かったという。またソフトバンクモバイルでは、シェア2位の812SHを除くすべてがAQUOSケータイとなり、中でもAQUOSケータイ最薄の920SHがシェアを伸ばした。

Photo アクセス端末の各種サービスへの対応

 HTMLメール対応端末の割合は対応端末が90.9%、非対応端末が9.1%、Flash対応端末の割合は対応端末が98.8%、非対応端末が1.2%、おサイフケータイ対応端末の割合は対応端末が88.8%、非対応端末が11.2%となっている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう