ニュース
» 2009年04月28日 15時33分 UPDATE

NTTドコモ、「HSUPA」導入で上り速度を最大5.7Mbpsへ高速化

NTTドコモは、6月から都内23区内の主要駅周辺で「HSUPA」を導入した上り最大5.7Mbpsの通信サービスを開始する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは4月28日、HSUPAの導入により上り最大5.7Mbps、下り最大7.2Mbpsの高速データ通信を6月から提供することを発表した。

 同社のFOMA網は2006年8月にHSDPAを導入して下り最大3.6Mbpsに高速化し、FOMAハイスピードとしてサービスを開始。その後、2008年4月に下り最大7.2Mbpsに高速化されたが、上り速度は384kbpsのままだった。

 今回、W-CDMA(FOMA)の上り速度を高速化するHSUPA技術の導入により、15倍近く高速化されることになる。HSUPAは国内では、イー・モバイルが2008年11月に導入して上り最大1.4Mbpsの速度でサービスを開始、4月17日に最大5.8Mbpsへ高速化している。

 ドコモはHSUPAの導入により、動画などを添付した大容量メール送信が快適に行えるとしている。なお、導入当初の対応エリアは東京23区内の主要駅周辺になるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.