ニュース
» 2009年07月09日 12時50分 UPDATE

App Town ミュージック:iPhoneで奏でる風鈴の音色──APPARE JAPAN「Fu-ring」

iPhoneが揺れるたび、涼やかな風鈴の音が流れる──。そんなiPhoneアプリがAPPARE JAPANから登場した。ジャンルはミュージック。とことん音にこだわり、“本物”の音をサンプリングして作成している。

[ITmedia]

 ソリッドアライアンスとプロモバイルの共同開発レーベル「APPARE JAPAN」から、夏を楽しむ新たなiPhoneアプリ「Fu-ring」が登場した。吹きガラス製の江戸風鈴をモチーフにした「Fu-ring(江戸風鈴/Edo wind bell)」と真鍮製の風鈴がモチーフの「Fu-ring(真鍮風鈴/Brass wind bell)」の2本で、価格はどちらも115円。

 この風鈴アプリは、iPhoneやiPod touchを振ると美しい風鈴の音色を奏で、暑い夏の空気を(気持ちだけでも)和らげてくれる。音源は実際の風鈴をスタジオで録音し、マスタリングには「AudioCube」という、日本国内に数台しかないといわれるオーディオワークステーションを使用。また風鈴に風を当てるという重要な役割を担ったうちわ担当者は「“風になりたい”から“風になりました”の境地まで辿り着いた」とコメントしていることからも分かる(?)とおり、本格的にこだわった音づくりをしている。

 江戸風鈴は、「篠原まるよし風鈴」の篠原正義氏の手作りのものを使って音を収録。風鈴の柄は「三匹赤金魚」「赤球小花」「六匹黒金魚」の3種が選べ、音色も3種それぞれに異なっている。

 真鍮風鈴は、富山県高岡市の鋳物メーカー「能作(のうさく)」が製造したものを収録。能作は大正5年の創業以来、伝統的な鋳物づくりを行ってきたメーカーで、デザイナーを起用した生活用品なども手がけている。デザインは「オニオン」「rin」「へいりん−三角」の3種を用意した。

 画面は、iPhoneやiPod touchを逆さにつるすと上下が反転する。ケーブルが外れて落下する危険性はあるものの、Dockケーブルを接続してぶら下げてみると、何となく風鈴ぽい雰囲気が楽しめそうだ(実行は自己責任で)。

PhotoPhotoPhotoPhoto 左の2つは「Fu-ring(江戸風鈴/Edo wind bell)」、右の2つが「Fu-ring(真鍮風鈴/Brass wind bell)」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.