ニュース
» 2009年07月21日 15時01分 UPDATE

KDDI、「EZ助手席ナビ」「EZナビウォーク」で渋滞予測情報の提供を開始

KDDIとナビタイムジャパンが7月22日から、「EZ助手席ナビ」「EZナビウォーク」に指定した日時の渋滞情報を表示する「渋滞予測」を提供する。

[園部修,ITmedia]

 KDDIは7月21日、ナビタイムジャパンと協業して提供している携帯電話用カーナビゲーションサービス「EZ助手席ナビ」と歩行者向けナビゲーションサービス「EZナビウォーク」で、指定した日時の渋滞を予測してルート情報を表示する「渋滞予測」機能を提供すると発表した。7月22日からサービスを開始する。

 渋滞予測機能を利用すると、VICS情報のログを活用した、特定の日時の渋滞を避けるルート検索や、全国の高速道路・一般道路の渋滞予測の確認などが可能になる。渋滞予測の結果を織り込んだ所要時間のグラフも表示されるため、出発時間に応じた所要時間が一覧でき、効率的に移動するための計画も立てられる。

PhotoPhoto 左は新たに提供される所要時間グラフの利用イメージ。EZ助手席ナビで利用できるサービスで、出発時間に応じた所要時間をビジュアルに表示してくれる。右は出発日時や到着日時を指定してルート検索を行う画面のイメージ。渋滞を考慮した最適ルートを計算してくれる。EZ助手席ナビだけでなくEZナビウォークでも利用可能
Photo 全国の一般道や高速道路の、指定した日時の渋滞予測も確認できる

 すでに有料会員になっている場合は追加料金は不要だが、これらのサービスを利用するにはEZ助手席ナビの「お手軽!24時間コース」(157円/24時間)か「使い放題!月額コース」(315円/月)、EZナビウォーク「使い放題!月額コース」315円コース(315円/月)の会員登録が必要だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.