ニュース
» 2009年11月10日 13時31分 UPDATE

STYLEシリーズ:タッチパネルでカメラを操作 スピードセレクター搭載のスライド端末「P-02B」

スピードセレクター搭載のスライド端末は2009年冬モデルでも健在だ。「P-02B」は新たにタッチパネルや「追っかけフォーカス」に対応し、カメラがさらに使いやすく進化した。スヌーピーのかわいいコンテンツもプリインしている。

[山田祐介,ITmedia]
photo 「P-02B」。左からピンク、ホワイト、グリーン、ブラック

 NTTドコモのパナソニック モバイルコミュニケーションズ製端末「P-02B」は、スピードセレクターを搭載した夏モデル「P-08A」をブラッシュアップしたスライド端末だ。カメラ起動時に利用できるタッチパネルを搭載したほか、スヌーピーのコンテンツをプリインストールするなど、幅広いユーザーが親しめる端末になっている。


photo

 ボディカラーは、鮮やかな色味のピンク、グリーンと、ベーシックなホワイト、ブラックの計4色をラインアップする。特にピンクは、スピードセレクター中央の決定キーにハートのモチーフが浮かび上がるという、遊び心のある端末に仕上げた。ディスプレイ面はボディ外周をメタルフレームで縁取って高級感を演出。ボディをスライドさせて端末を開くと、ディスプレイ面に程よい角度が付く「スイングスライド」を採用したほか、ドーム型のダイヤルキーで押しやすさを確保した。

 有効810万画素のカメラはタッチパネルに対応し、画面にタッチするだけで被写体にピントを合わせられる。また、シーン自動判別機能「おまかせiA」により、シャッターを押すだけできれいな写真が撮れるほか、被写体が動いてもピントと明るさを合わせ続ける「追っかけフォーカス」も新たに搭載した。

 歩数計と連動してさまざまなアクションが起こるスヌーピーの待受画面や、好みに合わせて切り替えられるスヌーピーのきせかえツールをプリインストール。マチキャラやデコメ絵文字などでも、スヌーピーとその仲間たちのコンテンツを用意した。また、1000種類のデコメ絵文字やデコメピクチャを搭載し、季節に応じて更新される素材を専用サイトからダウンロードすることもできる。

「P-02B」の主な仕様
機種名 P-02B
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約112×50×18.8ミリ(最厚部:未定)
重さ 約149グラム
連続通話時間 約200分(3G)/約250分(GSM)
連続待受時間 約540時間(3G)/約250時間(GSM)
アウトカメラ 顔検出AF付き有効約810万画素CMOS
インカメラ 有効33万画素CMOS
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)/microSDHC(最大16Gバイト)
メインディスプレイ 約3.1インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶
サブディスプレイ
主な機能 ワンセグ、タッチパネル、2in1、デコメ絵文字/デコメアニメ、オートGPS、Music&Videoチャネル、ビデオクリップ、Blu-ray Discレコーダー連携、iアプリタッチ、iアプリオンライン、マイエリア、おサイフケータイ、3G+GSM国際ローミング、FOMAハイスピード、Bluetooth、FOMAハイスピード(下り7.2Mbps/上り2Mbps)
ボディカラー ピンク/ホワイト/グリーン/ブラック
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.