ニュース
» 2010年08月13日 20時38分 UPDATE

App Town 教育:“学研の科学”のふろく約200点の写真と解説を収録――「科学のふろくアルバム」

学研の科学と聞いて、科学実験のための豪華なふろくを思い出す人は多いはず。そんな30代から40代の元「科学」読者に向けたアプリ「科学のふろくアルバム」が学研教育出版からリリースされた。

[園部修,ITmedia]
Photo 科学のふろくアルバム

 今30〜40代の読者諸氏が小学生だったころ、学研の「学習」や「科学」を購読した経験があるという人は少なからずいるのではないだろうか。残念ながら学習は2010年1月、科学は2010年3月に惜しまれながらも休刊となった。特に科学は実験をするためのふろくが大変人気で、筆者もふろくほしさに親に懇願して定期購読をしていたクチだ。

 そんな科学のふろくのデータを、当時の出来事や世相と一緒に楽しめるのが、学研教育出版がリリースしたiPhoneアプリ「科学のふろくアルバム」だ。制作には、科学のふろくの歴史をアーカイブしてきた学研科学創造研究所が協力している。アプリはApp Storeから無料でダウンロードできる。

 科学には、1963年の創刊から2010年の休刊までに約1800点ものふろくが用意されたようだが、科学のふろくアルバムには、その中から代表的なふろくを200点ピックアップし、1965年度から1989年までの25年間の主な出来事や世相などの年表データとともに収録している。ユーザーが自分の生年月日を登録すると、年月表示の下に自分のそのときの年齢や学年を表示する機能もある。

 ふろくは月ごとに「1年の科学」から「6年の科学」まである中から1点が選ばれているため、自分が遊んだ経験のあるふろくの写真が出てくるとは限らないが、当時の流行や事件などを振り返ることもでき、ノスタルジックな気分に浸れること請け合いだ。

 なお学研教育出版では、「ふろく図鑑」という形ですべてのふろくを紹介するアプリをいずれリリースするという。また当時のふろくをiPhone上に再現したり、新しい機能を盛り込んだ新しい科学のふろくを「科学のふろくアプリ」シリーズとして開発する予定だ。

PhotoPhotoPhotoPhoto 年月を選ぶと、当時のふろくや「科学」の表紙、そのときの出来事などが閲覧できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.