ニュース
» 2012年08月17日 18時00分 公開

携帯販売ランキング(8月6日〜8月12日):新型「Xperia」2機種が猛攻 どちらもトップ3に (1/4)

携帯販売ランキングでは、スマートフォンの人気ブランド「Xperia」の新モデル「Xperia GX SO-04D」「Xperia SX SO-05D」がいきなり総合ランキングトップ3に食い込んできた。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

8月6日〜8月12日
順位前回順位キャリアモデル
1位NTTドコモXperia GX SO-04D
2位1NTTドコモGALAXY S III SC-06D
3位NTTドコモXperia SX SO-05D
4位2NTTドコモARROWS X F-10D
5位3ソフトバンクモバイルiPhone 4S(16Gバイト)
6位6NTTドコモMEDIAS X N-07D
7位5auiPhone 4S(16Gバイト)
8位4NTTドコモらくらくスマートフォン F-12D
9位7NTTドコモREGZA Phone T-02D
10位11NTTドコモSH-11C

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo 「Xperia GX SO-04D」

 携帯販売ランキングのキャリア総合トップ10では、8月9日に発売されたNTTドコモのAndroidスマートフォン「Xperia GX SO-04D」が、初登場で首位を獲得。さらに、同じくXperiaブランドで8月10日に発売された「Xperia SX SO-05D」も3位にランクインした。

 Xperia GXは「Xperia arc」で好評だったアークボディを復活させた、4.6インチHD液晶ディスプレイ搭載の大画面・ハイスペックスマホ。一方のXperia SXは、約3.7インチ液晶ディスプレイを採用したコンパクトモデルで、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信といった国内向けサービスをひと通りサポートしている。人気のXperiaブランドだけに2モデルのスタートダッシュは順当な結果とも思えるが、一方でそんな中でも「GALAXY S III SC-06D」は2位を獲得。GALAXYとXperiaの順位争いの行方が気になるところだ。

 前回初登場で4位を獲得した「らくらくスマートフォン F-12D」は、8位にランクダウン。また、ロングヒットを続けている「iPhone 4S」も、Android端末が続々発売される中で5位、7位へと順位を下げている。そろそろ新型モデルがでるのでは、という予測も多数あるがiPhoneだが、ランキング常勝モデルの地位を再び手に入れることになるのだろうか。



       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう