ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「携帯販売ランキング」最新記事一覧

携帯販売ランキング(3月13日〜3月19日):
ソフトバンクの「iPhone 7(128GB)」が27連覇、Y!mobile「S1」は3週連続総合トップ10入り
総合ランキングはソフトバンク「iPhone 7(128GB)」連勝を27に伸ばした。Y!mobileのAndroid Oneスマホ「S1」は3週連続トップ10入り。(2017/3/25)

携帯販売ランキング(3月6日〜3月12日):
「iPhone 6s(32GB)」がNTTドコモランキングに初登場
総合ランキングはソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が26連勝。2016年9月に発売された「iPhone 6s(32GB)」が初めてランキングに登場した。(2017/3/18)

携帯販売ランキング(2月27日〜3月5日):
総合ランキング、Y!mobileのAndroid Oneスマホ「S1」が初登場
総合ランキングはソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が25連勝。8位にはY!mobileのAndroid Oneスマホ「S1」が初めてランクイン。(2017/3/11)

携帯販売ランキング(2月20日〜2月26日):
KDDI(au)ランキングに、タフネスケータイ「TORQUE X01」が登場
総合ランキングはソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が24連勝。auランキングには6年ぶりのタフネスケータイがランクイン。(2017/3/4)

携帯販売ランキング(2月13日〜2月19日):
SIMロックフリー端末「HUAWEI P9 lite」は2週連続トップ10入り
総合ランキングはソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が23連覇。前回初登場のSIMロックフリー端末「HUAWEI P9 lite」は1つ順位を上げ9位。(2017/2/25)

携帯販売ランキング(2月6日〜2月12日):
総合ランキングに初のSIMフリー端末「HUAWEI P9 lite」が登場
総合ランキングは上中位は前回と変わらないが、10位に「HUAWEI P9 lite」がランクインした。SIMロックフリー端末が総合ランキングに登場したのはこれが初めてだ。(2017/2/18)

携帯販売ランキング(1月30日〜2月5日):
auランキングに「AQUOS SERIE mini SHV38」が初登場
総合ランキングは上中位に変化なし。auのランキングには、2月3日に発売されたばかりの「AQUOS SERIE mini SHV38」が登場した。(2017/2/11)

携帯販売ランキング(1月23日〜1月29日):
総合ランキング、ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が発売以来20連勝達成
総合ランキングは前回とほとんど同じ並び。ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」は、発売週からの連続トップを20に伸ばした。(2017/2/4)

携帯販売ランキング(1月16日〜1月22日):
総合ランキングは前回からまったく変化なし、キャリア別も動き少ない
総合ランキングは前回とまったく同じ並びに。ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が19連覇。(2017/1/28)

携帯販売ランキング(1月9日〜1月15日):
各ランキングとも動きおとなしく、総合はソフトバンク「iPhone 7」が18連勝
総合ランキングはソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が18連覇。各ランキングに大きな動きはなかった。(2017/1/21)

携帯販売ランキング(1月2日〜1月8日):
2017年最初の総合ランキングはソフトバンク「iPhone 7(128GB)」で始まる
1月2日週の総合ランキングも、ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が9月からの連勝伸ばす形で始まった。NTTドコモは少し元気がない。(2017/1/14)

携帯販売ランキング(12月26日〜1月1日):
年末年始をまたぐ総合ランキングも「iPhone 7」が制して16週連続トップ
2016年〜2017年をまたいだ総合ランキングはソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が発売以来の16連勝。キャリア別ランキングも含めておとなしい年末年始の動きとなった。(2017/1/7)

携帯販売ランキング(12月19日〜12月25日):
2016年の総合ランキング、iPhone勢がトップを譲ったのはわずか1回
総合ランキングはソフトバンク「iPhone 7(128GB)」で発売以来の15連覇。2016年に総合ランキングでiPhone勢以外でトップになったのは「Xperia X Performance SOV33」だけ。(2016/12/31)

携帯販売ランキング(12月12日〜12月18日):
総合ランキング、ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」14週連続トップ
総合ランキングは3週続いて1位から9位まで同じ並び。トップはソフトバンク「iPhone 7(128GB)」で発売以来の14連勝。(2016/12/24)

携帯販売ランキング(12月5日〜12月11日):
一括648円の格安スマホ「MONO MO-01J」、ドコモランキングに初登場
総合ランキングは1位から9位までが先週と同じ並びでほとんど変化なし。今回NTTドコモランキングには、シンプルで低価格を追究した「MONO MO-01J」がランクイン。(2016/12/17)

携帯販売ランキング(11月28日〜12月4日):
総合ランキング、ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が12連覇
総合ランキングは先週とほとんど変化なく、ソフトバンク「iPhone 7(128GB)」が12週連続トップ。Y!mobileの「iPhone 5s」は前回に続いて4位。(2016/12/12)

携帯販売ランキング(11月21日〜11月27日):
“実質100円”効果?――Y!mobileの「iPhone 5s」が4位に上昇
「Xperia XZ」は総合ランキングで順位を大きく下げた。一方、Y!mobileの「iPhone 5s」は一気に4位まで上昇している。(2016/12/3)

携帯販売ランキング(11月14日〜11月20日):
「iPhone 7」vs「Xperia XZ」、総合ランキングほぼ動き止まる
「Xperia XZ」発売3週目にして各ランキングの上位〜中位はほぼ動かなくなった。ソフトバンクとKDDI(au)は「iPhone 7/7 Plus」、NTTドコモは「Xperia XZ」が優勢。(2016/11/26)

携帯販売ランキング(11月7日〜11月13日):
「Xperia XZ」は発売2週目でやや失速、「iPhone 7」も落ち着く
「Xperia XZ」は発売2週目にして順位を下げてきた。また「iPhone 7/7 Plus」も一服感ありだ。(2016/11/19)

携帯販売ランキング(10月31日〜11月6日):
3キャリアが「Xperia XZ」発売、各ランキング上位に初登場
11月2日に「Xperia XZ」が発売された。総合ランキングでは「iPhone 7(128GB)」にあと一歩に迫る3位に食い込んだ。(2016/11/12)

携帯販売ランキング(10月24日〜10月30日):
総合ランキングに「iPhone 7」と「iPhone 5s」が同時ランクイン
「iPhone 7/7 Plus」が依然として上位を占めるも、勢いは一段落か。総合ランキングではなんと「iPhone 7」と「iPhone 5s」が同時にランクイン。(2016/11/5)

携帯販売ランキング(10月17日〜10月23日):
Apple Pay開始でiPhone 7/7 Plusがさらにヒットしそうな予感
「iPhone 7/7 Plus」は今回も優勢。10月25日に「Apple Pay」が開始したことで、iPhone 7/7 Plusがさらに売れそうだ。一方、総合ランキングにはY!mobileの2機種がトップ10入りした。(2016/10/29)

携帯販売ランキング(10月10日〜10月16日):
iPhone 7が引き続き好調 2016年は「Plus」も人気
先週まで2週続けて「iPhone 7/7 Plus」が総合ランキングの9つを占め、独占まであと一歩というところだったが、今週はトップ10中8つを占めるにとどまった。それでも勢いは衰えていないといえる。(2016/10/22)

携帯販売ランキング(10月3日〜10月9日):
「Xperia X Performance」の踏ん張りでiPhone 7の総合ランキング独占ならず
「iPhone 7 Plus」の出荷が安定し始め、「iPhone 7/7 Plus」が総合ランキングを独占かと思われたが、先週に続いてあと1歩のところで届かなかった。防いだのはNTTドコモの「Xperia X Performance」だった。(2016/10/15)

携帯販売ランキング(9月26日〜10月2日):
「iPhone 7 Plus」本格出荷開始、ソフトバンクが強い
「iPhone 7/7 Plus」発売3週目。非常に品薄だった「iPhone 7 Plus」が、ある程度まとまった数で出荷されたようだ。各ランキングで先週から順位が大きく上昇している。(2016/10/8)

携帯販売ランキング(9月19日〜9月25日):
「iPhone 7/7 Plus」発売から2週、品薄感が漂う結果
「iPhone 7/7 Plus」発売から2週目のランキング上位は「iPhone 7」と「iPhone 6s」が占める結果となった。「iPhone 7 Plus」がほとんど出てこないのは出荷数が少ないことの影響だろう。(2016/10/1)

携帯販売ランキング(9月12日〜9月18日):
「iPhone 7/7 Plus」ついに発売! iPhoneだらけになると思いきや……
9月16日「iPhone 7/7 Plus」が発売された。トップはソフトバンク版「iPhone 7(128GB)」、以下KDDI(au)版、NTTドコモ版と続いた。「iPhone 7 Plus」が品薄状態のためか、ランキングがiPhoneで埋め尽くされることはなかった。(2016/9/24)

携帯販売ランキング(9月5日〜9月11日):
「iPhone 7/7 Plus」発売直前の総合ランキングトップはソフトバンク「iPhone 6s(64GB)」
9月16日に発売の「iPhone 7/7 Plus」登場前、最後の総合ランキングは、先週au版からトップを奪ったソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」が2連勝。各ランキングでは、値下げされた「iPhone 6s/6s Plus」や「iPhone SE」に動きが見られた。(2016/9/17)

携帯販売ランキング(8月29日〜9月4日):
「iPhone 7」発売前の静けさ?――「iPhone 6s」やY!mobileスマホが好調を維持
総合ランキングは、先週9連覇を逃したソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」が1週間で返り咲き。どのランキングも大きな動きはないが、9月16日の「iPhone 7」発売前の静けさだろうか。(2016/9/10)

携帯販売ランキング(8月22日〜8月28日):
総合ランキング、au版「iPhone 6s(64GB)」が4月以来久しぶりの首位に
総合ランキングは、ソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」の9連勝ならず。1位は4月以来となるau版「iPhone 6s(64GB)」。(2016/9/3)

携帯販売ランキング(8月15日〜8月21日):
総合ランキング、ソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」が8週連続トップ
総合ランキングは先週とまったく同じ並びで、その他のランキングも動きが小さかった。ソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」が総合8連覇。(2016/8/27)

携帯販売ランキング(8月8日〜8月14日):
3キャリアの「Xperia X Performance」がそろって総合ランキング入り
今週は、新機種発売でもないのに3キャリアのランキング全てに“初ランクイン端末”があるという珍しいことが起きた。(2016/8/20)

携帯販売ランキング(8月1日〜8月7日):
総合ランキング上位陣動かず、Android Oneスマホ「507SH」は4位キープ
今週は全体に動きが少なく、先週初登場のY!mobile Android Oneスマートフォン「507SH」は今週も4位。(2016/8/13)

携帯販売ランキング(7月25日〜7月31日):
日本初のAndroid Oneスマホ、Y!mobile「507SH」が発売、総合順位は?
Y!mobileが日本で初めてのAndroid Oneスマートフォン「507SH」を7月27日に発売。総合ランキング4位に食い込んできた。(2016/8/6)

携帯販売ランキング(7月18日〜7月24日):
スマホ夏商戦、売れ行きに異変? Y!mobile「DIGNO E」が過去最高の総合4位に上昇
総合トップ3は3週連続で変化なし。これに続く4位にY!mobile「DIGNO E 503KC」が上がってきた。(2016/7/30)

携帯販売ランキング(7月11日〜7月17日):
「iPhone 6s」が総合3連覇、ドコモ版「Xperia X Performance」は4週連続2位
今週の1〜4位は先週と変化なし。1位ソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」、2位は4週連続でNTTドコモ版「Xperia X Performance」。(2016/7/23)

携帯販売ランキング(7月4日〜7月10日):
ドコモ版「Xperia X Performance」が総合2位をキープ、「iPhone SE」が盛り返す
先々週、KDDI(au)版が総合ランキングトップをとった「Xperia X Performance」は、ドコモ版が3週続けて2位をキープしたが、au版は6位まで順位を下げている。(2016/7/16)

携帯販売ランキング(6月27日〜7月3日):
「Xperia X Performance」、1週でトップを「iPhone 6s」に明け渡す
先週、発売即総合ランキングトップに経った「Xperia X Performance」だが、2週目にして早くも1位を「iPhone 6s」に返してしまった。(2016/7/9)

携帯販売ランキング(6月20日〜6月26日):
「Xperia X Performance」3キャリアから一斉発売、いきなり総合ランキングトップ!
注目の新製品「Xperia X Performance」が6月24日に発売。総合ランキングではKDDI(au)版とNTTドコモ版がいきなり1位と2位に初登場し、13カ月近く続いたiPhone勢力の牙城を崩した。(2016/7/2)

携帯販売ランキング(6月13日〜6月19日):
総合ランキングにY!mobileの格安タフネススマホ「DIGNO E」ランクイン
Y!mobileが6月10日に発売した耐水・防塵・耐衝撃スマホ「DIGNO E」が総合ランキング5位に登場した。(2016/6/25)

携帯販売ランキング(6月6日〜6月12日):
シャープの新「AQUOS」シリーズ発売、各販売ランキングに一挙登場
シャープのAQUOSシリーズ最新端末「AQUOS ZETA SH-04H」、「AQUOS SERIE SHV34」、「AQUOS Xx3」が3キャリアから一斉に発売となり、ランキング全てに初登場。(2016/6/18)

携帯販売ランキング(5月30日〜6月5日):
総合ランキング上位はiPhone勢で落ち着くも、下位はざわつく
総合ランキングの1〜5位は先週に続いてiPhone勢で占められた。ドコモの「Galaxy S7 edge」は8位に。(2016/6/11)

携帯販売ランキング(5月23日〜5月29日):
「Galaxy S7 edge」は後退、auとソフトバンクで「iPhone SE(16GB)」が急上昇
総合ランキングで先週3、4位に初登場したNTTドコモとauの「Galaxy S7 edge」は共に順位を下げた。1位はソフトバンクの「iPhone 6s(64GB)」だ。(2016/6/3)

携帯販売ランキング(5月16日〜5月22日):
ドコモとauが「Galaxy S7 edge」発売、「iPhone SE」抑えランキング上位に
ドコモとauが「Galaxy S7 edge」を発売。総合ランキングでは「iPhone SE(64GB)」を上回る3、4位で初登場となった。(2016/5/28)

携帯販売ランキング(5月9日〜5月15日):
「iPhone SE(64GB)」が好調、各キャリアランキングで2位に
「iPhone SE(64GB)」が総合ランキングで3位に入り過去最高順位を更新。3キャリアランキング全て1〜3位が同じ並びになった。(2016/5/21)

携帯販売ランキング(5月2日〜5月8日):
総合ランキングで「iPhone SE(64GB)」がこれまでで最高の7位に
総合ランキングは、ソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」が3連勝。au版「iPhone SE(64GB)」は発売後最高の7位に入ったがこの勢いは続くのか?(2016/5/14)

携帯販売ランキング(4月25日〜5月1日):
総合ランキングにY!mobile「AQUOS CRYSTAL Y2」が初登場、「iPhone SE」も帰ってきた
総合ランキングは、先週7週ぶりにトップに立ったソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」が連覇。品薄状況が改善したのか「iPhone SE」も各社のランキングに戻ってきた。(2016/5/7)

携帯販売ランキング(4月18日〜4月24日):
総合ランキングトップの座をソフトバンクがauから奪還、7週ぶり
総合ランキングトップはソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」。6週連続でトップだったau版「iPhone 6s(64GB)」を逆転。(2016/4/30)

携帯販売ランキング(4月11日〜4月17日):
総合ランキングから「iPhone SE」が姿を消す、各キャリアランキングでも後退
発売3週目を迎えた「iPhone SE」は、総合ランキングから消えた。各キャリアのランキングでも順位を下げている。(2016/4/23)

携帯販売ランキング(4月4日〜4月10日):
総合ランキング、発売2週目の「iPhone SE」が早くも順位を下げる
先週登場した「iPhone SE」は、NTTドコモを除いた2キャリアで早くも順位を下げ、総合ランキングにはかろうじてau版が10位に踏みとどまった。(2016/4/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。