ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iPhone 8」最新記事一覧

栃木レザーを使用したシンプルなiPhoneケース「MYNUS TOCHIGI LEATHER CASE」
&designのブランド「MYNUS」は栃木レザーを使用し、一枚革で包み込むシンプルなiPhoneケース「MYNUS TOCHIGI LEATHER CASE」を発売。カバーを丸めてスタンドとしても利用でき、カードポケットやストラップホールを搭載している。(2018/2/17)

イタリア製本革のワイヤレス充電器「EWCP01」、UNiCASEで先行発売
UNiCASEはiPhone X/8/8 Plusを7.5Wで急速充電可能なワイヤレス充電器「EWCP01」を先行発売。パッドにはイタリア製本革を使用し、USB端子からiPadなどの同時充電も行える。(2018/2/16)

光学システムが一番の技術的進歩:
「iPhone X」の密かな勝者たち(後編)〜進化を遂げた光学システム
「iPhone X」を分解し、ロジックIC以外のデザインウィンに焦点を当てる。フランスの調査会社Yole Developpementが、今回のiPhoneで「一番の技術的進歩」と指摘するのが光学システムだ。(2018/2/16)

トリニティ、 iPhone 8/X対応の完全防水&衝撃吸収ケースを発売
トリニティは、防水・防塵・耐衝撃性能を兼ね備えた「カタリスト 完全防水ケース」、米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」準拠の性能を誇る「カタリスト 衝撃吸収ケース」を発売する。対応機種はiPhone 8/8 Plus、iPhone X。(2018/2/15)

国内携帯の出荷台数、Appleが前年比2%減も6年連続1位
MM総研は、2017年1月〜2017年12月の国内携帯電話端末の出荷台数を発表。総出荷台数は前年比3.6%増の3735.4万台で、2012年から続く減少から5年ぶりに増加した。スマートフォン出荷台数は3199.4万台となり、2012年を抜いて過去最高の出荷実績となっている。(2018/2/14)

「マックスむらい」人気で上場も……:
AppBank、今期も最終赤字を予想 3期連続
AppBankが2017年12月期の連結決算を発表。2期連続の赤字決算だった。18年12月期も赤字は解消できない見通しで、厳しい局面を迎えている。(2018/2/14)

ハンドスピナーのように楽しめるiPhoneケースが登場
サンクチュアリは、2月8日にelago製のiPhoneケース「Smart Spinner」を発売。ケースを装着したiPhoneを回せばハンドスピナーのように遊ぶことができる。専用アプリで無料の回転用画像も提供する。(2018/2/9)

肩かけ&首かけOK IPX8の防水規格を取得したiPhoneケース
Pleasant.japanは、2月8日にIPX8の防水性能を備えたiPhone向け防水ケースを発売。二重構造とベルクロでしっかりと密封し、長さの調節なストラップで首かけや肩かけでの使用も可能だ。(2018/2/9)

MSAPや極薄IMU:
「iPhone X」の密かな勝者たち(前編)
これまで、「iPhone X」の分解では、ロジックICに焦点が当てられてきた。今回は、それ以外の“勝利者”を取り上げてみたい。(2018/2/9)

落としても大丈夫! 猫のようにくるっと回転するiPhoneカバー「Cat Flip」がクラウドファンディング実施中
画面割れの不安がなくなりそう!(2018/2/7)

IHSアナリスト「未来展望」(9):
期待の2020年へ、2018年は準備の年 ――座談会編2
IHS Markit Technologyのアナリスト5人が2018年の半導体市況と半導体のアプリケーション市場の展望を語る。(2018/2/13)

外出先でもiPhone X/8をワイヤレス充電できるモバイルバッテリー
モジは、2月5日にiPhone X/8などを外出先でもワイヤレス充電可能な「ベルデス ワイヤレスバッテリー」を発売。ポケットに入れたまま持ち運べる軽量・薄型モデルで、USB充電ポートを2つ搭載している。(2018/2/6)

Apple、「iPhone 7」の“圏外の問題”で無償修理プログラム開始
Appleが、2016年9月発表の「iPhone 7」の一部に認められる通信エリア内でも「圏外」と表示される問題を無償で修理するプログラムを開始した。(2018/2/4)

ITりてらしぃのすゝめ:
「個人情報」の意味、知ってますか? Tカード、Suica、マイナンバーで考える「個人情報の危うさ」
「個人情報なんて公開されても別に影響がない」「住所や名前がなければ個人情報じゃないでしょ」――そうした考えは危険かもしれない。マイナンバーやTカード会員情報などを題材に、「個人情報の危うさ」について考えていきたい。(2018/1/31)

Apple、年内に少なくとも3台のMacと1台のiPadを発売か──Bloomberg
Appleが2018年には少なくとも3台のMacと1台のiPadを発売すると、Bloombergのマーク・ガーマン記者が予測した。いずれもAppleオリジナルのチップを搭載するという。(2018/1/30)

「有機ELスマホ増加」「画面さらに大型化」――iPhone Xが変えたスマホディスプレイ事情
調査会社のIHS Markitは、1月24日に行った記者説明会で、2017年から18年にかけてのスマホ向けディスプレイ市場の動向を解説した。(2018/1/30)

iPhone向け360度ビデオカメラの上位モデル「Insta360 Nano S」発売
アスクは2000万画素の静止画、4Kの360度動画が撮影が行えるiPhone向けビデオカメラ「Insta360 Nano S」を2月中旬に発売。複数アングルの映像をまとめて表示できるマルチビュー機能、ジャイロセンサーを利用した手ブレ補正機能などを搭載している。(2018/1/29)

2018年の学割、スマホを安く持てるキャリアは? 大容量・小容量プランで比較
NTTドコモ、au、ソフトバンクの今回の学割について情報を整理し、できるだけ同じ条件の料金・サービス内容で契約した場合の差について解説していく。(2018/1/27)

Mobile Weekly Top10:
「d払い」は誰向け?/モバイル市場の「公正競争」とは?
NTTドコモがバーコードを使った決済サービスに参入します。中国では爆発的に普及しているバーコード決済サービスですが、日本ではそれほどでもありません。ドコモに勝算はあるのでしょうか?(2018/1/24)

TPUとガラスを組み合わせたiPhone 8 Plusケース 坂本ラヂヲから
坂本ラヂヲは、iPhone 8 Plusに対応したガラスハイブリッドケースを発売。背面に高硬度で透明度の高い強化ガラス、側面にはクッション性に優れたTPUを組み合わせたモデルで透明度を長く維持することができる。(2018/1/22)

硬すぎず、柔らかすぎない素材感のiPhoneケース「METEOR」
内田商事は、流星をイメージしたスタイリッシュなデザインのiPhone向けプロテクトケース「METEOR」を発売。金属的な輝きをもつフレーム部と手に馴染む柔らかいカバー部で構成し、硬すぎず柔らかすぎない仕上がりとなっている。(2018/1/20)

ワイヤレス充電機能付きモバイルバッテリー 「SPICA」
内田商事は、ワイヤレス充電が可能な大容量モバイルバッテリー「SPICA」を発売。Qi対応デバイスを充電プレートに乗せるだけで充電でき、有線にも対応する。バッテリー容量は1万mAhで、残量が確認できるLEDインジケーター付き。(2018/1/20)

Mobile Weekly Top10:
au春モデルに「Huaweiスマホ」登場/米国で「Xperia」のミドルレンジモデル発表
auが2018年春モデルを発表しました。注目は、au初となるHuawei製スマートフォン「HUAWEI nova 2 HWV31」です。(2018/1/19)

IHSアナリスト「未来展望」(8):
業界秩序が崩れ始めた2017年 ――座談会編1
毎回、調査会社IHS Markit Technologyのアナリストがエレクトロニクス産業の未来を予測する本連載。今回から数回にわたり、アナリスト5人による2018年を予測する座談会の模様を紹介する。まずは、2018年を占うために、2017年を振り返ってもらった。(2018/1/30)

「iPhone 7 Plus」が2017年の中国スマートフォン市場で2位に──Counterpoint調べ
2017年の中国スマートフォンモデル別市場シェアで、「iPhone 7 Plus」が2位に、「iPhone 7」が5位にランクインした。1位は中国メーカーOppoの「R9」。10位まで、Apple以外はすべて中国製品だった。(2018/1/17)

タッチ操作できる防水ケース FOXが「NUUD for iPhone 8/8 Plus」発売
FOXは、米軍用規格「MIL-STD-810G-516.6」の基準をクリアした防水・防塵・防雪・耐衝撃ケース「NUUD for iPhone 8/8 Plus」を発売。本体の液晶画面に直接タッチできるNUUDタイプで、スムーズな操作とクリアな画面を実現する。(2018/1/17)

最高15万円 坂本ラヂヲの「GRAMAS Meister」レザーケース 「T・MBH」とコラボ
坂本ラヂヲの展開するブランド「GRAMAS Meister」は、岡本拓也氏の革製品ブランド「T・MBH」とコラボレーションしたiPhone向けエキゾチックレザーケースを発売。エキゾチックレザーは「ポロサスクロコダイル」「ガルーシャ」「リザード」を用意し、手帳型とシェル型ケースをラインアップ。(2018/1/16)

Apple WatchとiPhoneを同時に充電できるモバイルバッテリー CROYから
CROYは、Apple WatchやiPhone 8/8 Plus/Xのワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー2種を発売。Qi規格に準拠した無線充電パッドを搭載し、AppleのMFi認証を取得している。(2018/1/15)

在庫切れのiPhoneバッテリー無償交換 「2018年11月」まで待った方がいい?
iPhoneバッテリーを今交換するのは間違っている?(2018/1/15)

ソフトバンク、新プラン「学割先生」提供 50GBが月額3980円から
ソフトバンクが、学生や教員を対象にした割引プラン「学割先生」の提供を始める。月間50GB使える「ウルトラギガモンスター」を、月額3980円から利用可能。(2018/1/15)

ソフトバンク学割、50GB月額3980円から 「先生」にも適用可
ソフトバンクは、25歳以下および「学校の先生」に向けたキャンペーン「学割先生」を発表した。1月17日から提供する。(2018/1/15)

モジュール構造が差異化ポイント
モトローラの新型スマホ「moto z2 force edition」、満足度は「iPhone 8 Plus」「Galaxy S8」に匹敵か
Motorola Mobilityの「moto z2 force edition」の性能や機能は、「iPhone 8 Plus」「Galaxy S8」といった他のハイエンドスマートフォンと比較しても、決して見劣りしない。(2018/1/6)

iPhone 6以降のバッテリー交換「希望者全員対象」で開始
希望者全員が12月までバッテリー交換可能だ。iPhone 8、iPhone Xも対象。非正規品バッテリーは非対象。(2018/1/4)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(12月編):ハイエンドスマホのカメラ勝負/気になるモバイル通信業界の行方
アクセスランキングで振り返る、2017年のモバイル業界。12月は、冬商戦に登場したハイエンドスマホのカメラ比較記事が特に良く読まれました。(2018/1/4)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(11月編):iPhone X発売/ニッチな超小型ケータイにも注目
アクセスランキングで振り返る、2017年のモバイル業界。11月3日に「iPhone X」が発売。操作性やファーストインプレッションの記事が人気を集めました。(2017/12/31)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2017:
いよいよ発表! 2017年を代表するスマホは……?
2016年12月から2017年12月10日までの期間に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2017」。この記事では、いよいよ最優秀機種を発表します……!(2017/12/30)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(10月編):復活の“2画面スマホ”/iPhone X予約狂騒曲
アクセスランキングで振り返る、2017年のモバイル業界。10月は、NTTドコモの2017年冬・2018年春モデルに関する記事が多く読まれました。特に、同社から4年ぶりに登場する2画面スマートフォン「M Z-01K」に関する記事は別格です。(2017/12/30)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(9月編):iPhoneのトップ10制覇を阻んだアノ機種
アクセスランキングで振り返る、2017年のモバイル業界。9月はiPhoneが発表される「お祭り」の月。2017年は3つのiPhoneが発表され、大いに業界をにぎわせてくれました。(2017/12/29)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2017:
選考委員が選ぶ「2017年を代表するスマホ」は?(前編)
2016年12月から2017年12月10日までに発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2017」。選考委員は、何を基準にノミネート候補を挙げたのでしょうか。まずは、6人の選考委員の意見を見ていきます。(2017/12/28)

UNiCASE、白と黒のコントラストが目を引くiPhone 8/7向けケース「MONOCHROME CASE」
UNiCASEは、12月下旬にiPhone 8/7に対応した保護ケース「MONOCHROME CASE for iPhone8/7」を発売する。ブラックとホワイトのコントラストが美しい、シンプルなデザインを取り入れている。(2017/12/28)

2017年の記事ランキング:
10周年を迎えたiPhone、際立つ強さ 〜2017年に最も読まれた30本
2017年に最も読まれた記事30本を、ランキング形式でご紹介します。(2017/12/28)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(8月編): “公認”セーラームーンスマホは日本未発売/新iPhoneの「足音」
アクセスランキングで振り返る、2017年のモバイル業界。8月は中国Meituが開発した「セーラームーンスマホ」に関する記事、新型iPhoneの“名前”に関する記事などが良く読まれました。(2017/12/28)

2017年のスマホカメラトレンド:デュアルカメラが増え、自撮り文化の違いが明確に
昨今のスマホカメラを見ていると、いろいろ面白い。ちょっと前まで各社は高画素をアピールしていたのに、画素数競争はすっかり落ち着いた。「デュアルカメラ」「ビューティーモード」「インカメラ」が新たな競争軸になっている。(2017/12/26)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(21):
半導体プロセスの先導役はPCからモバイルに、2017年は“真の転換点”だった
2017年は、プロセッサに適用する最先端製造プロセスの導入において、モバイルがPCを先行した。その意味で、2017年は半導体業界にとって“真の転換点”ともいえる年となりそうだ。今、PC向けとモバイル向けのプロセッサは、製造プロセスについて2つの異なる方向性が見えている。(2017/12/26)

石野純也のMobile Eye:
大手キャリアの“逆襲”が目立った2017年/MVNOは「勝ち組」「負け組」が明確に
2017年は大手キャリアにとって「逆襲の1年」だった。大手3社の解約率は大幅に下がり、MVNOへの流出は止まりつつある。その影響を受け、MVNOは成長が鈍化するところや、事業が破綻するところも出た。(2017/12/23)

ギルドデザイン、iPhone 8/8 Plus対応の背面強化ガラスプロテクターを発売
ギルドデザインが、iPhone 8/8 Plus対応「クリスタルアーマー背面強化ガラスバックプロテクター」を発売する。アピロスがプロデュースする強化ガラスフィルム「CRYSTAL ARMOR」とコラボレーションし、GILDdesign製ソリッドバンパーに最適なモデルを共同開発した。(2017/12/21)

失敗しないモバイルデバイス選びの5大ポイント【前編】
「iPhone」と「Android」スマホを比較するなら「機種」「OS」にまず注目すべし
数あるモバイルデバイスの中から自社に最適な製品を選ぶためには、何を確認すべきなのか。主要な選定ポイントを紹介する。(2017/12/21)

Mobile Weekly Top10:
iPhone Xの“中身”はどんな?/ジョジョスマホは「約13万円」で「1万台限定」
iPhone Xは今までのiPhoneとは姿形だけではなく機能面でも違いがあります。故に部品にも特徴があります。(2017/12/20)

ROOX、iPhone 7/8/X向けハーフミラー保護ガラス&カード収納付きケースを発売
ROOXは、ハーフミラーで端末が手鏡のようになる液晶保護ガラス「S2B ALPHA Mirror for iPhone」、軽量でシンプルなカード収納ケース「PhoneFoam Golf Light」を発売。iPhone 7/8、iPhone Xに対応する。(2017/12/18)

iPhone Xの次「6.5/6.1インチiPhone」モックを握って分かったこと(動画あり)
次期iPhoneと予想されるスペックをモックに落とし込んだ、「iPhone 6.5 OLED (2018) 」「iPhone 6.1 LCD (2018)」3Dプリントを実際に触ってみた。想像するだけでは分からないことがある。(2017/12/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。