連載
» 2012年09月21日 00時00分 UPDATE

アクセサリトレンド by 4001field:iPhone 5発売の裏でうごめく巨大ビジネス 「アクセサリ市場」の今 (1/2)

実は、アプリにかける金額よりも、アクセサリにかける金額の方が多い――。そんな話も聞こえるアクセサリ市場。特にiPhoneは、同じ形状のモデルが全世界共通で販売されているため、アクセサリの種類も豊富だ。今回は、発売直前ながらすでに販売が始まっている「iPhone 5」用ケースに着目してみた。

[大野泰敬(4001field),ITmedia]

 9月12日に、米国で「iPhone 5」が発表され、18日に予約の受け付けが始まった。そのわずか1日で、米国内では予約が200万台を突破した。これは「iPhone 4S」の初日100万台予約を上回るペースで、スマートフォン市場におけるiPhone 5のスタートダッシュは好調な滑り出しを見せている。

 そんな中、もう1つの市場が大きく動き始めた。それはiPhoneのケースを中心とした周辺機器市場だ。すでに国内では800億円規模にまで成長していると言われ、大きな産業となりつつある周辺機器市場は、iPhone 5の発売でどう変わるのか。iPhone/iPad向けのアクセサリー専門店を運営し、出店ラッシュが続くAppBank Store 販売マネージャーの竹下結夏氏と営業部マネージャーの岡部源紀氏へのインタビューを交えながら、iPhone 5をめぐる最新のアクセサリ市場を調べてみた。

大きく変化したケース市場

 9月に入って、これまでiPhone発売時には見られなかった現象が起きた。それは、発売どころかまだ発表もされていなかったiPhone 5のケースが多数出回ったという点だ。これまでは、新型iPhoneの発売時にはケースの種類も少なく、クリアなケースやシンプルなケースが中心で、徐々にデザインや仕様、素材に凝った商品が出てくるというのが一般的だった。しかし、iPhone 5のケースに関しては、すでに数百種類というケースが市場に流通しており、さらに機能面やデザイン面で優れたケースが発売、また予約販売されている。過去にはなかった事例といえる。

 「21日のiPhone 5発売と同時に300種類以上、月内には500種類以上のiPhone 5のケースを販売できる体制を整えています」と語るのは、AppBank Storeの岡部氏。21日に発売できるということは、単純に考えても9月初旬には量産に入っていないと間に合わないスケジュールだ。なぜここまで早くiPhone5のケースが発売することができたのだろうか。

すでに過去最高のケース売上を記録!

 ここまでiPhone 5対応ケースがそろった理由の1つとして挙げられるのが、事前リーク情報の多さだ。今回のiPhone 5は、かなり早い段階から正確にその仕様が中国国内で出回っていた。実際筆者も2カ月前に中国を訪問した際、すでにiPhone 5の設計図や金型らしきものがあるのを確認していたし、ほとんどの工場でケースの量産ができる体制が整っていた。なおかつ、「今までケースメーカーは、新型iPhoneの予約状況や売れ行きを見ながら、ケースを作り出荷していたが、ケースメーカーが過去実績として売れ筋、ビジネス規模を把握し、通年で売れている商品をベースに作り込んできているため数が多い」(岡部氏)という。

 iPhoneの正確な情報、そして今までの実績で裏付けされたビジネスメリットがあったからこそ、今回の大量出荷が実現していたようだ。

os_iphoneacc-appbank2.jpgos_iphoneacc-appbank3.jpg 形、素材、デザインなど、非常に凝ったケースが多数リリースされている。AppBankStore事務所にはまだ発売されていないiPhone 5の新型ケースが山積みされ、出荷を持っている状態
Photo AppBank Storeのリアル店舗でも21日から全国で一斉に発売する

 毎年初回に出荷されるiPhoneケースは売れる傾向にあり、その出荷台数も年々増加傾向にある。今回は種類も非常に多く、ユーザーが選べる選択肢が広がったということもあり、「すでにAppBank StoreでもiPhone 5用ケースの予約をWebで受け付けていますが、売れている商品は数千個以上販売されています。しかも、全商品の30%はすでに完売の状態で、Storeをオープンしてから歴代最高の売上を記録しています」と竹下氏。

デザイン、機能、素材も充実しているiPhone 5のケース

 AppBank Storeで300種類以上をすでに販売しているというiPhone 5用のケース。具体的にはどのようなものがあるのか。デザイン、機能、素材にこだわったiPhone 5用のケースをいくつか紹介しよう。

  • iPhone5 Real wood case

 イタリアの木材専門デザイン・素材会社「Tabu」がデザインしたおしゃれな木の素材を採用し、独自の技術により木とケースを融合した製品。水に濡れても離れないという優れもの。デザイン、ファッション性の高さだけではなく、素材に木を使った商品が発売時点で購入できることは極めて珍しい。このシリーズだけで9種類ものオシャレなケースが発売されている。価格は3680円。

PhotoPhoto iPhone5 Real wood case Harmony Yellow Submarine_White(左)とカラーバリエーション
  • iDress ジュエリーカバー iP5-KT5 for iPhone5

 全面にストーンがちりばめられているiPhoneケース。キティーを中心に、マイメロディー、キキララなど、キャラクター系のオシャレでかわいいケースが11種類も販売されている。価格は1980円。

PhotoPhoto iDress ジュエリーカバー iP5-KT5 for iPhone5とそのカラーバリエーションの一部。すでに受け付けを終了してしまったものもある
  • iPhone5用 ハイブリッドバンパー Edge Band

 Apple純正のもの以外でバンパーが初回から発売されるのは非常に珍しい。かなり正確にiPhoneの寸法を理解していないと作れないからだ。さまざまなカラーの組み合わせがあり、全部で45種類発売されている。そのうち35%近くは完売しており、非常に人気のアイテム。価格は1470円。

PhotoPhoto Apple純正とはちょっとデザインが異なるおしゃれなバンパー。カラーの組み合わせが豊富で、右に紹介したもの以外にも多数ラインアップしている。ただし完売しているものも多い
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.