ニュース
» 2013年07月12日 00時30分 UPDATE

OTAS、アウトドア仕様のモバイルバッテリーと折りたたみ式ソーラーパネルを発売

OTASは、防水・防塵対応のモバイルバッテリー「Power Eagle」と、太陽光で充電する折りたたみみ式のソーラーパネル「Apollo I」を発売した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 OTASは、ノルウェーのアウトドアブランド「lifemate」製のモバイルバッテリー「Power Eagle」と、ソーラーパネル「Apollo I」を発売した。同社直販サイト「OTASダイレクト」での価格は、Power Eagleが7980円、Apollo Iが5980円。

PhotoPhoto モバイルバッテリー「Power Eagle」

 Power Eagleは、水深約1.5メートルで24時間耐えられる防水規格IPX8、粉塵が中に入らない防塵規格IP6Xを取得した製品。さらに、高さ1.5メートルからの落下や200キロまでの荷重にも耐える、高い耐久性を備えている。

 6000mAhのバッテリーを内蔵したLFP電池は安全性が高く、約2000回の繰り返し充電が可能だという。2つの出力ポートや、4段階のバッテリー残量インジケーターも用意した。サイズは84(幅)×128(高さ)×24(奥行き)ミリで、重さは約325.5グラム。

PhotoPhoto ソーラーパネル「Apollo I」

 Apollo Iは、持ち運びに便利な2面折りたたみ式の太陽光パネルから、直接モバイル端末を充電できるというもの。快晴時には約6時間で容量6000mAhのPower Eagleを満充電にできるとしている。またiPhone 5の場合は約3時間で充電可能。

 展開時の本体サイズは440(幅)×240(高さ)×25(奥行き)ミリで、重さは約464グラム。外に用意したポケットにはスマートフォンやモバイルバッテリーを収納できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.