調査リポート
» 2013年10月24日 00時00分 UPDATE

「炎上」の認知度は95.6%――MMDが「インターネットトラブルに関する実態調査」を発表

MMD研究所が「インターネットトラブルに関する実態調査」の結果を発表。「炎上」の認知度は95.6%と非常に高く、トラブルや困った経験をしたサイトは「SNSサイト」が最も多い。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、10月23日に「インターネットトラブルに関する実態調査」の結果を発表した。

 今回対象となったのは、スマートフォンまたはPCからインターネットを利用している10代〜50代の1118人。調査期間は9月24日〜9月26日となっている。

 インターネットを安全に使いこなしているかという質問では「使いこなしていると思う」が36.3%、「やや使いこなしていると思う」が49.9%と、8割以上が使いこなしていると回答。またインターネット利用に「トラブルや困った経験がある」と答えたのは37.9%で、うち「IDやパスワード忘れ(37.7%)」と「迷惑メールが大量に送られてきた(35.1%)」が多く、このほか「時間を浪費した(18.4%)」「コンピューターウイルスに感染した(13.9%)」「誹謗中傷を受けた(12.7%)」などが続いた。

Photo インターネット利用に関する意識
Photo インターネット利用におけるトラブルや困った経験
Photo 経験したトラブルや困ったこと

 トラブルを経験したサイトのジャンルでは「SNSサイト(22.6%)」が1位。次いで「ポータルサイト(19.8%)」「動画サイト(19.1%)」の順となった。トラブルが原因で大衆から広く注目を集めてしまう「炎上」について、知っていると回答した人は95.6%。初めて知ったメディアは「インターネット(55.0%)」「TV(34.1%)」が大半を占める。

Photo トラブルや困った経験をしたサイトのジャンル
Photo インターネット利用における「炎上」を知るきっかけとなったメディア

関連キーワード

トラブル | MMD研究所 | 炎上


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう