ニュース
» 2014年02月04日 13時07分 UPDATE

KDDI研究所、個人情報検出ツールを発売

従来の目視チェックとくらべて処理時間を3分の1にできるという。

[長浜和也,ITmedia]

 KDDI研究所は、2月4日に個人情報検出ツールの販売を開始した。テキストに含まれる個人情報を自動判定するだけでなく、検出した個人情報を伏せ字に自動変換することで目視確認作業が大幅にスピードアップし、SNSや掲示板等の書き込み内容チェック作業の効率化によるコスト削減、チェック対象の規模拡大の実現が期待できるとKDDI研究所は説明している。

 このツールに検出対象のテキストデータをアップロードすると、独自の判定処理により「住所」「一般的な氏名」「電話番号」「メールアドレス」などの情報を自動で検出し、Webブラウザに自動判定結果と伏せ字処理結果を1件ずつ表示する。処理速度は1分間に1200件で、個人情報該当部分の検出精度は約94%。従来の目視によるチェックと比べて約3分の1まで作業を短縮できる。単語登録機能による特定キーワードの検出も可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.