ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プライバシーポリシー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プライバシーポリシー」に関する情報が集まったページです。

朝ドラ「おちょやん」で話題に 「まえだまえだ」から役者へ成長した前田旺志郎の魅力
現在は現役大学生に。(2021/12/30)

「間違ってもヤバい敵となんて戦いたくない」 映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」ピーター・パーカー役、榎木淳弥インタビュー
「作品にはあえて思い入れを持たないようにしている」と榎木さん。(2022/1/7)

プレゼントキャンペーン実施中!:
PR:“更新が止まった会議室”をいざアップデート! Microsoft Teams Roomsがオンライン会議の体験価値を押し上げられるワケ
緊急事態宣言が解除されたのもつかの間、新変異株であるオミクロン株の出現で世間は新たな危機感をつのらせている。目まぐるしく変化を続ける今、われわれはどのように働き方を変革していくべきだろうか。ここからは、SB C&Sがディストリビューターとして提供するPolyの新しいMicrosoft Teams Rooms向けソリューションの魅力をお伝えするとともに、プレゼントキャンペーンも実施。ぜひ最後までチェックを!(2021/12/28)

「テセウスの船」で“怪演”注目 大人を惑わす演技力の柴崎楓雅、「全部が初めての年」な13歳の素顔とは
次の出演作も楽しみ。(2021/11/29)

サーバ内の機密データを守るには:
PR:個人情報保護法改正対応をきっかけに見直しが必要、あなたの組織が「攻撃されるところ」
2022年4月1日に施行予定の「令和2年改正個人情報保護法」では、最大1億円の罰金に注目が集まるものの、ひかり総合法律事務所 弁護士の板倉陽一郎氏によれば、企業が注目すべき点は罰金の額ではない。現状の把握自体が難しく、対策が不十分だと何が起きるのか企業が理解していない点に、課題があるという。(2021/11/17)

世界の経営層がハイブリッド/マルチクラウドに求める2つのメリットとは――IBM調査
IBMが企業の経営層に実施したグローバル調査によると、企業の間で進むハイブリッド/マルチクラウド化の背景に、2つのニーズがあることが分かった。(2021/11/2)

必要な対応は:
Cookie利用の行動ターゲティング広告 令和2年個人情報保護法改正でどう変わる?
Q: 令和2年改正個人情報保護法に伴い、自社のWebサイトで行動ターゲティング広告を行う場合、どのような対応をするべきでしょうか。(2021/10/28)

注意すべき点とは:
法改正に伴うCookie対応、BtoB企業はどこまで必要? 英語ページで変えるべき? 専門家に聞くQ&A
2022年4月に迫る個人情報保護法の改正に備え、自社のCookie対応などをどこまでするべきか迷っている担当者は少なくないだろう。「BtoB企業はどこまで対応すべきか?」「英語ページと日本語ページで対応を分けるべきなのか?」などの疑問に、弁護士・ニューヨーク州弁護士の石川智也氏が回答した。(2021/10/21)

PR:Honda「動画で泣いた? ではティッシュをどうぞ」 ユーザーのコメントにマジレスする企画「VEZEL_Reply」がシュール
Hondaさん何やってるんですか!(2021/10/18)

連載・DX時代のプライバシー:
改正個人情報保護法、業界で分かれる対応 DX企業はどう受け止めているのか
2022年4月に全面施行される改正個人情報保護法。DXを推進している企業、パーソナルデータの利活用を進める企業は、今回の改正をどのように受け止め、対応しているのか。(2021/10/22)

芸能界入りたった1年で「リュウソウジャー」主役の一ノ瀬颯 ヒーローが抱え続けた“コンプレックス”
大河、月9への出演と怒涛のスピードで芸能界を突き進む一ノ瀬さん。(2021/10/14)

若者に「今を肯定してほしい」 渋谷直角、90年代カルチャー描く最新作『世界の夜は僕のもの』で伝えたかった願い
「『自分がもっと変われるんじゃないか』と感じていたころの気持ちを刺激したい」(2021/9/30)

人生最大の挫折からスカウトで芸能界入り 結木滉星にとって役者が“生きがい”に変わった瞬間とは
FOD最新作「エロい彼氏が私を魅わす」では、エリート婚約者役を熱演。(2021/9/25)

動画チャットのデータ、国内サーバに限定 新機能が提供開始
Vonageは、メディアトラフィックを国内サーバに限定する日本向けのセキュリティ機能「リージョナルメディアゾーン」を提供開始した。(2021/9/16)

「プロミス・シンデレラ」さくら役・畑芽育、中学時代に大きな決断 19歳で芸歴18年、元子役が語る“辞めたかった時期”
大河への出演も決定。(2021/9/14)

DX時代のプライバシー:
「プライバシー・バイ・デザイン」とは何か 法令厳格化の中で、DXを推進する考え方
DXの加速に伴い、各国ではプライバシー保護関連の立法や改正が進み、より厳格な要求を企業に課している。そうした中、企業に求められる考え方「プライバシー・バイ・デザイン」とは何か。(2021/9/9)

E2EEメールサービス「ProtonMail」、当局に活動家情報を提供したことについて説明
E2EEメールサービスProtonMailは、活動家のIP情報を当局に提供したことで批判されている。同社は法律を順守する義務があると説明した。ユーザーにはTorの併用を勧めた。(2021/9/7)

コロナワクチンの予診票をブラウザから出力できるWebアプリ、学生が開発 「手書きは面倒に感じた」
中央大の学生が、新型コロナワクチン接種時に個人情報などを記入する予診票を出力できる入力フォームを開発し、Webアプリとして公開した。専用サイト上で記入すると、入力内容をPDFで出力できる。(2021/9/3)

「ドラゴン桜」ヤンキー役で注目 西山潤「辞めたいと思うこと、何回もありました」 同期の活躍、悔やむ日々語る
「ドラゴン桜」で演じた小橋役が注目を集めました。(2021/9/2)

期間限定で無料モニター募集中!:
PR:あなたの音声が、相手にストレスを与えているかも? オンライン会議を「音」で変えるスピーカーフォン「Poly Sync」
リモートコミュニケーションで特に重要な「音声」。この音声をアップグレードし、オンライン会議を快適化できるのが、高機能スピーカーフォン「Poly Sync」ファミリーだ。本記事では、同ファミリーを紹介・解説するとともに、期間限定で無料モニターも募集している。ぜひ最後までチェックしてほしい。(2021/8/30)

DXは、プライバシーにどんな影響をもたらすのか
デジタル技術は、個人のプライバシーにどのような影響をもたらすのか。PwCコンサルティングの篠宮輝マネジャーが解説する。(2021/8/6)

“良くも悪くも舞台芝居”――高石あかり、初W主演映画「ベイビーわるきゅーれ」で一皮むけた理由
映画「ベイビーわるきゅーれ」で初主演を務めます。(2021/7/29)

【お知らせ】データ活用基盤整備の実態調査にご協力ください
ITmedia エンタープライズ編集部は「データ活用基盤整備の実態調査」を実施しています。調査にご協力いただいた皆さんの中から、抽選で15人の方に5000円分のAmazonギフト券をプレゼントいたします。(2021/8/6)

モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」がau PAYアプリから利用可能に
モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」が、KDDIが提供する「au PAYアプリ」から利用できるようになった。ChargeSPOTアプリの利用やアカウント登録も必要なく、支払いもauかんたん決済で済ませられる。(2021/7/26)

三井住友FGと電通、“金融ビッグデータ”活用で新会社設立
三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)が、金融分野のビッグデータを活用した広告サービスを扱う子会社「SMBCデジタルマーケティング」を、電通グループとともに設立した。金融分野のビッグデータを活用し、ユーザーに有益な情報を届けるという。(2021/7/8)

電通と三井住友FG、金融ビッグデータ活用の「SMBCデジタルマーケティング」設立
電通グループと三井住友フィナンシャルグループ(FG)は7月8日、金融ビッグデータを活用した広告やマーケティングを営む「SMBCデジタルマーケティング」を設立した。(2021/7/8)

小林プロデューサー×羽住監督のバイオ対談 空白の2006年描く、“サスペンス”としての「バイオハザード」とは
25周年を迎えた「バイオハザード」が初の連続CGドラマに挑戦。(2021/7/7)

役者であることは自分の誇り――日曜劇場「ドラゴン桜」で話題、志田彩良の人生を変えた転機と母への“反抗心”
「ドラゴン桜」の“秀才”小杉麻里役で注目を集めています。(2021/6/27)

後悔したくなかった――注目の俳優・恒松祐里 子役から朝ドラ、「全裸監督 シーズン2」への出演を決めた“役者としての覚悟”
「おかえりモネ」「全裸監督 シーズン2」で正反対な役柄を演じる恒松さん。(2021/6/24)

「iPhone」の新しいプライバシー設定がもたらす影響【前編】
「iOS 14.5」のプライバシー保護設定で広告売り上げ減を懸念する中小企業の本音
Appleが「iOS 14.5」から搭載した新しいプライバシー保護設定は、広告売り上げをビジネスの軸にしている中小企業に大きな影響を与える可能性がある。どのような問題が起こるのか。幾つかの企業の声から探る。(2021/6/21)

中国企業の従業員4人から32回のアクセス Zホールディングスが「LINEの個人情報保護問題」の第一次報告要旨を発表
Zホールディングスは、メッセージアプリ「LINE」における一部のユーザー情報が、委託先中国企業で閲覧可能だった問題を受けて、「グローバルなデータガバナンスに関する特別委員会」の第一次報告要旨を発表した。(2021/6/15)

とにかく俳優の良い芝居が見たい―― 佐藤二朗が語る、映画監督をする理由と第2作「はるヲうるひと」を経て強固になった思い
打ち合わせ中だという3作目についてもお話を聞きました。(2021/6/4)

「暴力と搾取」「法律の罪深さ」描く問題作、『闇金ウシジマくん』作者の新作『九条の大罪』にみる共通点と主人公像
【抽選で1人に直筆色紙プレゼント】詳しくは記事末部をご確認ください。(2021/5/28)

仕事がなくなるんじゃないかと思ったーー小林星蘭、中学生で手術入院経験 16歳で芸歴10年超のリアル語る
ベテランだ。(2021/5/25)

「自分の存在で誰かが救われてくれるのが理想」 山之内すず、10代を支えてくれた“ファン”と“推し”の存在とは
まもなく20歳。(2021/5/20)

「ヤフーはまだまだ成長できる」 売上高1.2兆のZHD、2桁成長に意欲
LINEとの経営統合を果たしたZホールディングス(ZHD)が、さらなる成長に意欲的だ。4月28日に行われた2021年3月期の決算発表では、「創業から25年経つ大きなヤフーだが、まだまだ成長できる」と川邊健太郎Co−CEOは意欲を見せた。(2021/4/28)

総務省、LINEに行政指導 処分は見送り 「個人情報の漏えいは確認されていない」
メッセージアプリ「LINE」のユーザー情報などが中国のLINE子会社からアクセスできる状態になっていた問題について、総務省が電気通信事業法に基づく行政指導をLINE社に行ったと発表した。ただ、行政処分は見送った。個人情報の漏えいは確認されていないため。(2021/4/26)

細田佳央太、ほぼ無名の主役から「ドラゴン桜」を勝ち取るまで フレッシュな笑顔から分かる“純粋”さと“情熱”
熱い男だ。(2021/4/25)

LINE、総務省に個人情報の管理体制などを報告 武田総務相「内容を精査中」
メッセージアプリ「LINE」のユーザー情報などが中国のLINE子会社からアクセスできる状態になっていた問題について、武田良太総務相は4月20日の会見で、LINE社から電気通信事業法に基づく報告を受けたと明らかにした。(2021/4/20)

組み込み開発 インタビュー:
NVIDIAも「ユニーク」と評価、Jetson Nano内蔵のインテリア風デザインAIカメラ
スタートアップのエクサウィザーズが発売した2眼レンズ搭載のAIカメラ「ミルキューブ」。小型スピーカーなど家電製品のようなデザインだが、Jetson Nanoを内蔵するなど性能は高い。しかし、ソフトウェア/ソリューション開発企業のエクサウィザーズがハードウェアを開発する狙いはどこにあるのか。(2021/4/21)

津田健次郎はなぜ「極主夫道」をコメディーの代表作だと語るのか “いかつかわいい”新境地に至った男の本音を聞いた
ネトフリさん、ほんまアコギな商売してまんな――(2021/4/8)

LINE、ユーザー情報移転先の国名を明記 韓国やベトナムで開発運用
LINEはユーザー情報を必要に応じて韓国やベトナムに移転すると明記した新たなプライバシーポリシーを発表した。これまでデータの提供先の国名は「第三国」とされており、ユーザーに明示されていなかった。(2021/4/1)

「サービス契約時にプライバシーポリシーを読まない」が約3割:
サイバー脅威に対応するための「オンラインの日常習慣や知識の正しさ」を評価するテストで日本が世界最下位 NordVPNが調査
NordVPNは、192カ国で実施した「ナショナルプライバシーテスト」の結果を発表した。サイバー脅威に対応するためのオンラインの日常習慣や知識の正しさを評価したもので、日本はほぼ全ての項目において評価対象となった21カ国の中でも特に低い点数だった。(2021/3/31)

「TikTok」は未成年でも安心して使える? バイトダンスが“最重要事項”に掲げる施策
短尺の動画を投稿するコミュニケーションサービス「TikTok」は、若者を中心に日本でも人気だ。提供元のバイトダンスは、安心安全のための施策を最重要事項に位置付けている。若年層がトラブルに巻き込まれないようルールを整備し、人気クリエーターと協力して啓発動画も作成している。(2021/3/29)

「ITmedia デバイス&サービス通信」購読キャンペーン 新規登録者に抽選で「Amazonギフト券」をプレゼント!
ITmedia MobileとITmedia PC USERが共同で発行するメールマガジン「ITmedia デバイス&サービス通信」は、毎週月/水/金曜日に発行しています。日頃の感謝を込めて、新規登録者を対象に抽選でAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを開催します。(2021/3/26)

LINEの個人情報問題、グローバル開発体制で起きた“見落とし”とは?
LINE利用者の個人情報が一部中国から閲覧できる状態にあるなど、個人情報管理に関する問題を指摘されたことを受けて、LINEが詳細を説明。「LINEの個人情報にアクセスする業務を中国で実施していたこと」「トーク上の画像や動画を国外で保存していたこと」「プライバシーポリシーでその国名を明記していなかったこと」の3点を問題視。LINEの出澤剛社長は「ユーザーの分かりやすさに対する配慮が欠けていた」と謝罪した。(2021/3/24)

LINEが中国からの個人情報アクセスを遮断 データ保存も韓国から日本へ移転を実施
信用は取り戻せるのでしょうか。(2021/3/24)

LINE、中国からのアクセスを遮断 トークデータは国内へ完全移転
Zホールディングスが「グローバルなデータガバナンスに関する特別委員会」を設置。LINEアプリの個人情報の一部が海外から閲覧できる状態にあったことを受けたもの。委員会の座長を務める東京大学大学院法学政治学研究科 教授の穴戸常寿氏は、「今回の件はプライバシーの不備を超え、社会的信頼を損なうものと私は考えている」と話す。(2021/3/23)

ZHD、LINEのデータ管理問題で外部有識者と初会合 座長「一企業・グループを超えた重要な公的課題」
メッセージアプリ「LINE」のユーザー情報などがアプリのシステム開発などを請け負う中国のLINE子会社からアクセスできる状態になっていた問題を巡り、親会社のZホールディングス(ZHD)が外部有識者による特別委員会の第1回会合をZHDの本社で開催した。(2021/3/23)

LINE、中国での開発を終了 保管データは日本へ完全移行
LINEが、コミュニケーション関連機能の開発や保守、運用について中国での業務を終了すると発表。これまで韓国のデータセンターに保存していた画像や動画などのデータを、日本に移転することも明かした。(2021/3/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。