まとめ
» 2016年04月13日 06時00分 UPDATE

意外と知らない? Instagramの小技4選

若い世代を中心に流行中のInstagram。この小技を知っておけば、ちょっとしたときに使えるかも?

[ITmedia]

 芸能人も使っている写真のSNS「Instagram」は、見ているだけでも楽しいですよね。今回は加工だけしたい、検索履歴を消したい、使わないのでアカウントを削除したいなど、いざというときに覚えておきたい小技を紹介します。

1:特定の相手とだけ写真を共有する

Instagram

 写真を共有し、コメントを交わして楽しむInstagram。でも、一部の人にしか公開したくない写真がある場合は、範囲を限定して写真を公開する方法がありますよ。

 プライベートな写真を親しい友達や恋人など限定して共有したいときは「ダイレクト共有」機能を使ってください。ホーム画面右上の箱型マークをタップし、「ダイレクト」画面右上の「+」ボタンを押して、リストから共有したい相手をチェックするだけです。

2:「加工だけして公開しない」方法

Instagram

 写真を加工できるのもInstagramの魅力の一つです。意外と知られていない「公開はしたくないけど、加工だけしておきたい」ときの方法を紹介します。

 Androidの場合は、エフェクトをかけて、タグ付けなどをするページに行った後に元の画面に戻ればOKです。このとき既に写真は保存されています。

 iPhoneの場合は、「機内モード」をオンにしてから加工し、画像を公開しましょう。すると「アップロードできませんでした」というメッセージが表示されます。「×ボタン」でメッセージを消せば、加工後の写真が保存されます。

3:友達バレを防ぐ「おすすめユーザー設定」の解除

Instagram

 誰かをフォローすると「この人も一緒にフォローしてみませんか?」という「おすすめのユーザー」が表示されますよね。この部分に自分が表示されたくないと思ったら、設定を拒否することができます。

 まずは、アプリではなくWebブラウザからログイン。右上の自分のアイコンをタップしてください。メニューから「プロフィールを編集」をタップし、下の「類似アカウントのおすすめ」のチェックを外し「送信」しましょう。これで自分が「おすすめのユーザー」と表示されなくなります。

4:アカウントを完全に削除する

Instagram

 「流行に乗ってInstagramを始めたけど使わなかった」「必要ないから退会したい」という人も少なくありません。

 実はInstagramのアプリからはアカウントを削除することはできません。削除はWebブラウザから、一番下「サポート」→左の「Instagramnの基本」→「スタートガイド」→「アカウントの削除」の順で削除専用ページにアクセスし、ログイン後に「アカウントを削除する理由」を選べば完了です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう