ニュース
» 2016年08月03日 14時20分 公開

自動課金に注意! Kindle Unlimitedの解約方法

Kindle Unlimitedは、無料期間内にキャンセルの設定をしないと自動的に課金されます。

[ITmedia]

 アマゾンジャパンが8月3日に開始した「Kindle Unlimited」は、月額980円(税込)で和書12万冊以上、洋書120万冊以上が読み放題になるサービスだ。iPhone/iPadやAndroidスマートフォン、タブレットのKindleアプリ、Kindle電子書籍リーダー、Fireタブレットで利用できる。

Kindle1Kindle2 定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」

 初回の30日間は無料で体験できるが、無料期間内にキャンセルの設定をしないと、その後自動的に課金されてしまうので注意が必要だ。知らない間に課金されていたという事態を防ぐためのキャンセル方法を紹介したい。

 キャンセルは「メンバーシップを管理」からできる。Amazon.co.jpのトップページから行う場合は、「ヘルプ・サポート」でKindle Unlimitedと検索しよう。その後、「Kindle Unlimitedの無料体験に申し込む」→「Kindle Unlimitedの会員情報を管理する」→「Kindle Unlimitedの会員登録を管理」の順に選択。左下の「Kindle Unlimitedの会員登録をキャンセル」→「メンバーシップを●月●日に終了」をタップすればキャンセルできる。終了日までは本の利用が可能だ。無料期間終了後もユーザーが付けたメモやマーカーはそのまま保存される。

Kindle3Kindle4 「Kindle Unlimitedの無料体験に申し込む」→「Kindle Unlimitedの会員情報を管理する」→「Kindle Unlimitedの会員登録を管理」を選択
Kindle5 「Kindle Unlimitedの会員登録をキャンセル」
Kindle6 「メンバーシップを●月●日に終了」
Kindle7 終了日までサービスは利用できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう