ニュース
» 2016年08月18日 13時57分 公開

偽アプリに気を付けて:ポケモンGO便乗不正アプリが3900万件ダウンロード、Google Playでの配布も

トレンドマイクロによると、「Pokemon GO」に近い名前を持つGoogle Play上の便乗アプリを調査したところ、紛らわしい名前を持つ便乗アプリが149件発見され、合計で3900万回以上ダウンロードされていることが明らかになった。

[ITmedia]

 トレンドマイクロによると、「Pokemon GO」に近い名前を持つGoogle Play上の便乗アプリを調査したところ、紛らわしい名前を持つ便乗アプリが149件発見され、合計で3900万回以上ダウンロードされていることが明らかになった。

ポケモンGOに便乗した偽アプリ ポケモンGOに便乗した偽アプリ

 便乗アプリの種類を調べると、「ゲーム攻略ガイド、マニュアルなど」「ゲームに使用される、偽の GPS位置情報」「ユーザー間でコミュニケーションを図るための、ソーシャルネットワーキング用プラットフォーム関連」「その他、壁紙アプリやダウンローダーツールなど」に分類できる。

トレンドマイクロが解析した「ポケモンGO」便乗アプリの分類 トレンドマイクロが解析した「ポケモンGO」便乗アプリの分類

 また、これらの便乗アプリの多くは何の機能も備えておらず、別のアプリのダウンロードへ誘導するだけのアドウェアであることも分かった。

解析の結果、便乗アプリの約87%がアドウェアであり、正規アプリはわずか約11%であったことを確認 解析の結果、便乗アプリの約87%がアドウェアであり、正規アプリはわずか約11%であったことを確認

 「ポケコインを簡単に入手できる」「モンスターボールの数を設定できる」などのうたい文句でユーザーを誘引するアプリを解析したところ、実際にそれを可能にするようなボタンを押しても別のアプリのダウンロード画面に誘導されるだけで、うたう内容は虚偽だったとのことだ。

便乗アプリの挙動は全くのでたらめだった 便乗アプリの挙動は全くのでたらめだった

 トレンドマイクロは、このような不正アプリの被害にあわないためには未知の開発者やサードパーティーのアプリストアからアプリをダウンロードしないことを推奨している。特に、課金アイテムを簡単に獲得できるなどの非現実的な機能でユーザーを誘引する手口に注意するよう呼びかけている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう