連載
» 2016年12月01日 06時00分 UPDATE

iPhoneで人に見られたくない画像を非表示にする方法

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「画像を非表示にする方法」です。

 iPhoneの中にたくさんの画像があると思いますが、プライベートな写真など、他人には隠しておきたい写真もあるはずです。今回は、写真アプリの「モーメント」「年別」「コレクション」の3つのモードで、画像を非表示にする方法をご紹介します(iOS 10で検証)。

写真を非表示にする方法

1.写真アプリを起動

2.非表示にしたい写真(またはビデオ)を選択

3.画面下に並ぶ一番左のアイコンをタップし、画面下部の操作一覧から「非表示」をタップ

4.確認画面で「非表示にする」をタップ

(※画像を再表示したいときは、この方法の「非表示にする」のところで「再表示にする」を選択すればOK)

 これで、選択した写真は「モーメント」「年別」「コレクション」のモードでは表示されなくなります。この3つのモードの中で非表示に設定しただけなので、アルバムの項目からはいつでも見ることができます。写真アプリのアルバムタブで「非表示」を選択すると一覧で見ることも可能です。

 また、非表示の設定にしつつ、別のフォルダに画像をコピーすることもできます。非表示フォルダの右上にある「選択」をタップして、コピーしたい写真を選択。その後、画面下にある「追加」をタップし、コピーしたいアルバムを指定すれば完了です。何かと便利な写真の非表示設定。使いこなして、写真アプリを上手に整頓しましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう