ニュース
» 2017年10月23日 16時11分 公開

LINE Pay、セブン銀行ATMと連携 スマホ操作でも入金可能に

セブン銀行がLINE Payと連携。セブン銀行ATMからLINE Payへの入金・出金が可能になった。

[村田朱梨,ITmedia]

 セブン銀行は10月23日、同社のATMとメッセージアプリ「LINE」のモバイル決済サービス「LINE Pay」を連携させた。全国2万3000台超のセブン銀行ATMから、LINE Payに1000円単位で入出金できる。LINE PayがATMと連携するのは初めて。

photo セブン銀行ATM画面より

 LINE Payは、LINEアプリから利用できるモバイル送金・決済サービス。ネットショッピングや個人間送金に使えるほか、プリペイド式の「LINE Payカード」を使い、JCBに加盟している実店舗でも支払い手段として利用できる。国内登録ユーザーは3000万人超という。

 LINE Payのチャージはこれまで、銀行の口座振替やオートチャージ、Pay-easy、コンビニ支払いなどに対応していた。新たに、セブン銀行ATMでのLINE Payのチャージ(入金)と出金に対応する。

 ATM入出金の利用方法は(1)LINE PayカードをATMに挿入して暗証番号を入力する、(2)スマートフォン操作で入出金する――の2通り。(2)はまず入金だけに対応し、今後出金にも対応する予定だ。

photo 「LINE Pay」
photo LINE Payの決済方法

 スマホから入金するには、LINE Payを立ち上げ、利用できる金融機関からセブン銀行を選んでコードリーダー画面を開く。次に、ATM側で「スマートフォン出金・入金」を選び、表示されるQRコードをスマートフォンで読み取る。そこで出てくる企業番号をATMに入力し、金額を指定すれば入金できる。QRコードが読み取りにくい場合はATMから印刷することも可能だ。

photo
photo 入金の様子

 手数料は入金時は無料で、出金時のみ216円(税込)かかる。最低取引額は1000円から。入金の上限額は、事前に本人確認をしている場合は最高100万円、していない場合は最高10万円。出金の上限額は1日当たり1万円。

photo LINE Payカードでの利用
photo サービス内容と利用手数料(ニュースリリースより)

 セブン銀行の河田久尚取締役は「LINE Payは、LINEというほとんどの人が使っている会話アプリの決済サービス。連携できたことをうれしく思う」と話す。「最近は新しい金融サービスやテクノロジーが次々と登場している。LINEユーザーがセブン銀行を便利だと思い、使ってくれるかどうかが勝負」(河田取締役)

 LINE Payの舛田淳社長も、今回の連携は「スマホのお財布」と同社が位置付けているLINE Payの課題だった「オフラインとの結び付き」を解決すると説明。「私たちが目指すこれからのFinTechにとって重要なこと」と強調する。

 「LINE Payはユーザー同士での個人間決済、オンライン・オフラインのスマホ決済、QRコード決済もできる。QRコード決済は中国などではスタンダードだが、日本ではまだまだ。今回の連携はそうしたものを推進する取り組みの1つ」(舛田社長)

photo セブン銀行の河田取締役(左)と、LINE Payの舛田社長(右)

 両社は今後も新サービス提供などを目指して連携していく考え。サービス開始を記念し、11月1日〜15日にセブン銀行ATMでLINE Payに入金した先着20万人を対象に、200円相当のLINE Pay残高をプレゼントするキャンペーンを行う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう