コラム
» 2018年06月08日 20時30分 公開

お気に入りを見つけよう! “こだわり”から選ぶiPhone Xケース(前編) (2/2)

[小林誠,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ケース自体がガジェット!? ユニークなケース

 iPhoneを守るだけではなく、さらに「本当にそれはケースなの?」と思うほど機能を追加してくれる便利(あるいはユニーク)なケースもある。

 「本当に便利なの?」「その機能は必要なの?」と思わないでもないものもあるが、それらも含めて、iPhoneケース群の深さを知ることができるだろう。

iplaybox DUAL OPTICS(iplaybox/T2K PLANNING)

 このケースは、アウトカメラと組み合わせて使える「120度ワイドレンズ&2倍望遠ズームレンズ」「マクロレンズ&スーパーマクロレンズ」「180度魚眼レンズ&2倍望遠ズームレンズ」を備えている。2つのレンズを3セット(計6種類)も積んでおり、カメラでいろいろ楽しみたい人にはうってつけだ。

 ケースとしての性能もバッチリで、TPUケースとハードケースの二重構造で本体をしっかり守ってくれる。価格は7538円で、iplayboxの公式サイト限定販売となる。

iplaybox DUAL OPTICS for iPhone X iplaybox DUAL OPTICS for iPhone X

Smart Spinner(elago/サンクチュアリ)

 名前からも何となく察せるが、このケースはハンドスピナーのようにiPhoneを回せることが大きな特徴。専用アプリをインストールすれば、回転に合わせた34パターンの画像を無料で楽しめる(有料コンテンツもあり)。本体のフォトライトも付ければ、より幻想的なパフォーマンスを楽しめる。価格は1990円とお手頃だ。

Smart Spinner for iPhone X(ユキ) Smart Spinner for iPhone X(ユキ)

RAKUNI Real Leather Case for iPhone X(トーモ)

 このケースは、ガジェットというよりもユニークな便利ケースだ。

 フリップケースといえば画面側が開くタイプが当たり前なのだが、このケース背面にフリップがあり、画面はそのまま。操作の邪魔にならない。フリップの内側、ケース背面にはポケットがあり、紙幣やクレジットカードなどを収納できる。

 さらにこのフリップがスタンド代わりにもなり、ストラップ部分のリングは指を差し込んでホールドすることができる。価格は6480円だ。

RAKUNI Real Leather Case for iPhone X RAKUNI Real Leather Case for iPhone X(スカーレットスカイ)

裸はイヤだがゴツいのもイヤ! 薄型軽量なケース

 iPhoneそのもののデザイン、サイズ感を大事にする人は「ケースを装着しない」という選択をしている人もいる。

 ただ、それではやはり傷が付かないか心配。「裸で使うのはイヤだけれど、分厚いケースを着けるのもなぁ……」と思っている人には、シンプルな薄型・軽量のケースを着けてみるのはどうだろうか?

IJOY(サンクレスト)

 「360度全面衝撃吸収」をうたうケースで、背面保護用のバックパネルと液晶保護用のフロントカバー、衝撃吸収フィルムのセットで端末を全面保護する。包み込むようなフォルムを取り入れることで、破損しにくくしている。

 ポリカーボネートとTPUを組み合わせて耐久性を高め、長時間使っても手が疲れない軽量・スリムな設計。装着したまま非接触充電することも可能だ。価格は2315円。

IJOY(iPhone X用) IJOY(iPhone X用)

Air Jacket for iPhone X(パワーサポート)

 「Air Jacket」シリーズのケースは、「薄くてスタイリッシュ」という特徴を持つ。

 ケースと本体背面との間にわずかな空間を設けることで耐衝撃性を高め、ラバーコーティングブラックを除く3色には背面に生じやすい「にじみ」を抑える加工を施してある。価格は2680円。

 ちなみに、Air JacketシリーズのiPhone X用には、より耐衝撃に優れた「Shock proof Air Jacket for iPhone X」や通気性の良い人工皮革を採用した「Ultrasuede Air Jacket for iPhone X」もある。

Air Jacket for iPhone X Air Jacket for iPhone X

レヴェントン(Spigen Japan)

 先ほどもMIL規格に準拠したケースを紹介したが、この製品はMIL規格に準拠しつつも軽量かつスリムに仕上がっているのが特徴。TPU素材のインナーケースをポリカーボネート素材の前面・背面フレームで挟み込むハイブリッド構造となっている。

 背面にはメタリックロゴと独特なパターンを施し、専用ガラスフィルムが2枚付属する。価格は5990円。

レヴェントン(ガンメタル) レヴェントン(ガンメタル)

もっとシンプルに! バンパー(ケース)はどう?

 iPhoneシリーズでおなじみのシンプルなケースといえば、バンパータイプのものもある。ある意味でiPhoneのデザインを最も損なわないケースといえる。

 本体の側面を重点的に守るバンパーは、正面と背面がむき出しになるため一見すると心もとない。しかし、側面を守ることでボディーのゆがみを防ぎ、それに起因する液晶の割れも防げる。

 縁を若干高くすることで、画面や背面から落下した際に地面などに直接ぶつかって割れるリスクを軽減しているバンパーもある。防御力は意外と侮れない。

PhoneFoam Dual Skin(ROOX)

 バンパーに加えて、背面にもポリカーボネートのパネルをはめ込むことで耐衝撃性能をもたせたことが特徴。全周保護タイプのケースよりも簡単に装着できる上、外れにくいことも魅力だ。

 バンパーと背面パネルの継ぎ目も感じにくく、ボタン部分には独立パーツを使い、軽い押し心地を実現している。価格は2462円だ。

PhoneFoam Dual Skin PhoneFoam Dual Skin

Aluminum&TPU Lightweight Bumper AERO(ディーフ)

 アルミ素材を採用したバンパー。側面にアルミ、本体と触れるバンパーの内側に衝撃を吸収するTPU素材を採用することで、軽さと端末の保護性能を両立した。

 縁はアウトカメラよりも少し高くなっているので、落下の際にレンズが傷付くリスクを軽減している。価格は2980円だ。

Aluminum&TPU Lightweight Bumper AERO Aluminum&TPU Lightweight Bumper AERO

ネオ・ハイブリッドEX(Spigen)

 バンパータイプでもMIL規格に準拠。耐衝撃をうたうバンパーは他にもあるが、「1.2mの高さで26回の落下でも異常がない」という基準をクリアできているものは珍しい。

 適度な柔軟性と高い耐久性を持つプレミアムTPUと、ポリカーボネートのハードフレームを組み合わせたハイブリッド構造で、バンパー本体とは別に画面と背面を保護するための専用フィルムを付属している。価格は4990円だ。

ネオ・ハイブリッド EX ネオ・ハイブリッド EX

 いかがだっただろうか。前編だけでもかなり盛りだくさんに感じた人もいるかもしれない。しかし、それがiPhoneケースの“奥深さ”なのだ。

 次回は「手帳」「革」「ファンシー」「キャラ」「レア」というこだわりからiPhone Xケースを選んでいく。

関連キーワード

iPhone X | 保護ケース | アクセサリー


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう