ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iPhone X」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iPhone X」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

TENGAそっくりのiPhoneケースを使う勇気は俺たちにあるか? 優しく心地良い肌触りで、すっぽりスマホを包み込む
赤地に白のボーダーで、まんまTENGA。(2019/12/27)

ついに発表! 2019年を代表するスマートフォンは?
2018年12月から2019年12月中旬までに発売されたスマートフォンの中からベストな機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2019」。審査員がノミネート候補に挙げた機種のうち、上位10機種をノミネート機種として選定し、この中から1機種を、2019年のベストスマホとして選びます。2019年の栄冠を手にしたモデルは?(2019/12/27)

ティム・クックCEOが思わずうなる、アップルブラックを生み出したこだわり
Appleのサプライヤーと聞くと、どのようなイメージを思い浮かべるだろうか。その実態を、日本のインキメーカー「セイコーアドバンス」に聞いた。(2019/12/25)

Google Chrome完全ガイド:
Chromeを「ダークモード」に切り替えて省電力や眼の負担軽減(Android/iPhone編)
最近スマホやPCで話題になる「ダークモード」とは? その意味や効果をコンパクトにまとめつつ、Android/iPhone版Google Chromeでのダークモード有効化の手順について説明します。(2019/12/25)

身近にある春夏秋冬の美しさ 四季をカーブミラーで捉えた4枚の写真が「センスの塊」
空気や光や匂いを感じるステキな写真です。(2019/12/23)

Foxconnの元従業員がiPhoneの廃棄部品横流しで約47億円の利益? Hon Haiは否定
iPhoneの製造を担当しているFoxconnで廃棄部品の盗難が問題となっている。(2019/12/20)

ディズニーストアでミッキーと新年のパーティー! クラッカーがモチーフの新シリーズがカラフルでかわいい
キラキラのコンフェッティがハッピーなシリーズです。(2019/12/17)

2021年、われわれは“完全ワイヤレスiPhone”を使えるのか
アナリストのミン=チー・クオ氏は、Appleが2021年のiPhoneで「完全なワイヤレス体験」を提供し、Lightningコネクターを排除する可能性を指摘しました。これは空間伝送型の新しいワイヤレス充電技術を想定しているのかもしれません。(2019/12/10)

iPhone X/XSを「iPhone 11 Pro」に擬態できるレンズ保護カバー ダミーレンズで2眼→3眼に 上海問屋
iPhone X/XS用の背面レンズ保護カバー。装着すると「iPhone 11」に見える……?(2019/11/21)

PR:iPhoneケースに簡単装着! プロ級の撮影が可能になるレンズを試す
スマートフォンのカメラは大きく進化しているが、これを“プロレベル”に引き上げるのが、USHADOWのレンズシステムだ。ケースに取り付けるだけで、ゆがみのない超広角撮影や、精細なマクロ撮影が楽しめるようになる。(2019/11/14)

「iPhone 11 Pro」のスタミナはどう? 1年使った「iPhone XS」と比較してみた
「iPhone 11 Pro」は、バッテリー持ちが飛躍的に向上したことも大きな特徴。筆者が1年間使用した「iPhone XS」と比較して、バッテリーの持ちに具体的にどのくらい差があるのかを検証した。YouTubeアプリで動画を再生し、そのバッテリー残量の変化を記録した。(2019/11/3)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
“祭り”ならず? 「iPhone 11」シリーズの売れ行きがイマイチに見えてしまう3つの理由
9月といえば新型iPhoneの発売です。しかし、今年(2019年)は特にそこまで盛り上がっているように見えません。一体なぜなのでしょうか。店舗スタッフやユーザーから話を聞きつつ考えました。(2019/10/31)

「iOS 13.2」リリース 「Deep Fusion」「AirPods Pro」対応など機能の追加・修正が多数
Appleが、iOS 13のアップデートを実施。iPhone 11シリーズにおいてA13プロセッサを活用した画像処理システム「Deep Fusion」が利用できるようになる他、新登場する「AirPods Pro」のサポートを始めとして多岐に渡る機能の追加や修正が行われる。(2019/10/29)

iOS 13.2でAirPods Proサポート Deep Fusionもアンロック
iPhone 11のカメラ性能を向上させるDeep Fusionが使えるようになった。(2019/10/29)

残高の確認や受け取りに対応 「楽天Edy」を読み取るiPhoneアプリ登場
iPhone 7以降のiPhoneで、カードタイプの「楽天Edy」の残高を確認できるアプリが登場。Edyギフトの受け取りにも対応している。(2019/10/28)

オンラインで中古iPhoneを査定できる「Belong買取」β版が登場
Belongは、中古iPhoneをオンラインで査定できるサービス「Belong買取」のβ版をリリース。約6分で正確な査定金額を把握できるというツールを使用し、本人確認もオンラで完結する。(2019/10/23)

iPhoneユーザーから見た「Pixel 4」の細かーいトコロ “iOSをよく研究しているな感”が強い
10月24日に発売するGoogleの新スマホ「Pixel 4/4 XL」。数日間触れたファーストインプレッションをお届けする。(2019/10/23)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「iPhone 11」を試して、望遠カメラよりも超広角カメラが必要だと思った理由
「iPhone 11」がデュアルカメラになり、「iPhone 11 Pro」とどちらにするか迷ってる人も多そうな昨今。iPhone 11 Proのカメラレビューは別途行ったので、ここではデュアルカメラのiPhone 11のカメラをチェックしたい。カメラ機能という意味で両者が異なるのは2点。ディスプレイと望遠カメラだ。(2019/10/20)

iPhone Tips:
iOS 13の新機能「ダークモード」を使いこなす
iOS 13で利用できる新機能の1つが「ダークモード」だ。ダークモードは黒を基調とした配色なので、暗い場所でiPhoneの画面を見るときに目の負担を軽減する効果がある。その設定方法を紹介しよう。(2019/10/4)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(39):
iPhone 11 Proを分解、パッと見では分からない劇的変化が潜んでいた
2019年9月20日に発売されたAppleの新型スマートフォン「iPhone 11 Pro」の内部の様子を報告する。一見すると、従来モデルを踏襲した内部設計のようだったが、詳しく見ていくと大きな変化が潜んでいた――。(2019/10/3)

「iPhone 11 Pro」を発売日に1万円引きでゲット 増税前後で盛り上がる還元キャンペーンの恩恵を受けてみた
記者が還元キャンペーンを言い訳に、新型iPhoneを購入した話。(2019/10/2)

iOSデバイスに「修正不可能な脆弱性」、研究者が脱獄用の悪用コードを公開
iPhoneやiPadなどに存在する脆弱性を突くコードがGitHubで公開された。端末の起動プロセスの中核にあるメモリを攻撃するため、ソフトウェアアップデートによる対応は不可能だという。(2019/10/1)

iPhone 4S〜8、Xを脱獄する“アンパッチャブル”なツール「checkm8」、GitHubで公開 悪用される可能性は低い
AppleのiOS端末を“脱獄”するツール「checkm8」がGitHubで公開された。A5〜A11搭載のApple製品が対象。物理的にアクセスする必要があり、端末を再起動すると無効になるので、悪用される可能性は低いと作者は語る。(2019/9/30)

20日に配信 「iOS 13」の新機能をまとめてチェック
Appleが9月20日(日本時間)に配信する「iOS 13」の内容をおさらいする。iOS 13の対応機種はiPhone 6s 以降。ダークモードや新しい「写真」アプリを利用できる。アプリやWebサイトへログインする際、Apple IDだけでログインできる機能も盛り込まれる。(2019/9/19)

「iPhone 11」シリーズは買いなのか? ITmedia Mobileスタッフの場合
2019年のiPhoneは「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3機種。標準モデルの11を主役に据え、ディスプレイやカメラがさらに高性能のProを、サイズ別に2機種用意しています。そんな新iPhoneは買いなのでしょうか?(2019/9/16)

石野純也のMobile Eye:
2019年は「iPhone 11」を主役に据えたApple 低価格路線でテコ入れ、コンテンツも強化
2019年のiPhoneは、「iPhone 11」がラインアップの中心であることが打ち出された。iPhone 11の価格はiPhone XRの発売時よりも安い。Appleによると、「より多くのユーザーに手に取ってもらうため」の価格設定だという。(2019/9/14)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
基本の「iPhone 11」か、冒険の「11 Pro」か 現地取材で分かった違い
米Appleのスペシャルイベントで発表された「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」シリーズ。基調講演から感じ取れたメッセージと、実機に触れたインプレッションを現地からお届けする。(2019/9/12)

iPhone 11シリーズは「3D Touch」非対応に
Appleが発表した「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」には3D Touchが搭載されていない。3D Touchは、ディスプレイを強く押し込むことで、ショートカット操作をしたり、アプリの一部機能へ簡単にアクセスしたりといった使い方ができる。(2019/9/11)

新型iPhoneの3眼カメラが「タピオカカメラ」と話題 今もホームボタンやイヤフォンジャックは根強い人気か
米Appleが新しいiPhone 11シリーズを発表。カメラのデザインが以前から注目を集め、Twitter上では見た目や機能についてさまざまな反応が寄せられている。(2019/9/11)

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの実機を速攻チェック デザインやカメラは何が変わった?
Appleが「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3機種を発表した。11がスタンダードモデルとなり、プロ仕様の11 Proと11 Pro Maxは、よりハイスペックなディスプレイとカメラを備える。3機種の実機を早速チェックしていく。(2019/9/11)

ITはみ出しコラム:
新iPhoneは「XI」か「11」か ローマ数字はやめた方がいい理由
「iPhone X」以降、iPhoneの命名ルールが揺らいでいます。新型iPhoneのモデル名はどうなるのでしょうか? これまでのiPhoneのモデル名を振り返りつつ、今後の展開を考えてみました。(2019/9/8)

携帯料金 A to Z:
ドコモ新プランが魅力的でも、「端末購入サポート」でスマホを買った人は要注意
ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」に乗り換えると、逆に損をする場合がある。「docomo with」を契約していた場合や、「月々サポート」の割引がまだ残っていることが、こうしたケースに該当する。加えて、「端末購入サポート」の規約にも注意しなくてはならない。(2019/9/5)

Spigen、「Amazon タイムセール祭り」でスマホアクセサリーを最大73%オフ
Spigenは、Amazonが開催する「タイムセール祭り」の特選タイムセールに合わせ、スマートフォンケースやアクセサリーなど全142商品を最大73%オフで販売する。期間は8月31日9時〜9月1日23時59分。(2019/8/30)

次期iPhoneはどうなる?:
2019年の新型iPhone、発売日はいつ?
Appleが9月11日午前2時(日本時間)にSpecial Eventを開催する。ここで新型iPhoneが登場する可能性が高い。では発売日はいつになるのか? 過去の事例から予想した。(2019/8/30)

「HomePod」を試す Apple Musicの楽しみ方と自宅での音楽体験が変わる
Appleのスマートスピーカー「HomePod」が、いよいよ日本でも発売される。Apple Musicユーザーとしては、HomePodの登場を心待ちにしていた。そんなHomePodを試用する機会を得たので、短期間ではあるが、使ってみて感じたことをまとめたい。(2019/8/13)

スマホ冷却の救世主 「常温保冷剤」の実力とは
最近、ポケGOトレーナーの間で話題の「常温保冷剤」。過酷なポケ活を支える保冷剤の実力とは? 購入して実際に試してみた。(2019/8/9)

iPhone購入と同時にiPhone下取りが申し込める Apple公式サイトで
Apple公式サイトで、iPhone購入と同時に下取り申し込みができるようになった。(2019/8/9)

ドコモ吉澤社長、dアカウントへの「不正ログイン試行」増加に言及 「海外からのリスト型攻撃が増えた」「ID・パスワードを見直して」
悪意ある第三者が「dアカウント」への不正ログインを試みる例が増えている。NTTドコモの吉澤和弘社長が、7月26日に開いた決算会見でこの問題に言及。「海外からのリスト型攻撃が非常に増えている」「お客さまにはIDとパスワードを見直してほしい」と注意を喚起した。(2019/7/26)

「身に覚えのないdアカウントのセキュリティコード通知が届く」ドコモが注意喚起
NTTドコモは、身に覚えのないdアカウントのセキュリティコード通知が届く事象が確認されているとして、ユーザーに注意を呼び掛けた。(2019/7/24)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“10倍ハイブリッドズーム”の定義にもやもやするが、超広角と望遠の撮影が楽しい「Reno 10x Zoom」
10倍ズームカメラを搭載したOPPOのスマートフォン「Reno 10x Zoom」(リノ10倍ズーム)が発売された。10倍ハイブリッドズームとは何か、どのくらい実用的なのか。そもそも何で「ハイブリッドズーム」なのか。10倍の定義を考えつつ、いろいろ試してみた。(2019/7/24)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(37):
最先端プロセスでも歴然の差! チップ面積は半導体メーカーの実力を映す鏡
今回は、“チップ面積”に注目しながら2018〜2019年に発売された最新スマートフォン搭載チップを観察していく。同じ世代の製造プロセスを使用していても、チップ面積には歴然たる“差”が存在した――。(2019/7/22)

auのiPhone/iPad向け「故障紛失サポート」がサービス拡充 関西エリアで代替端末の即日配送に対応
auがiPhoneとiPad向けに提供している「故障紛失サポート with AppleCare Services」において、関西エリアでも紛失・盗難時の代替端末の即日配送を利用できるようになった。午前11時までに電話で申し込むことが条件となる。(2019/7/18)

アキバの老舗Apple専門ショップの歩き方
アキバのApple専門ショップ、Mac Collectionの今を深堀りしてきた。(2019/7/18)

「Xperia 1」レビュー “ソニーならでは”の特徴を隅々までチェックする
「Xperia 1」は、デザインや仕様を刷新させた、プレミアム感の強いモデルに仕上がっている。基本的な特徴をおさらいしつつ、21:9のディスプレイ、カメラ、パフォーマンスなどの気になるポイントをチェックする。今回のXperia 1は買いなのか?(2019/7/18)

Spigen、最大70%オフの「Amazon Prime Day 2019」1日限定セールを開催
Spigenは、「Amazon Prime Day 2019」に合わせた1日限定セールを開催。対象はスマホ向けアクセサリーなど全471商品で、最大70%で提供する。(2019/7/12)

迷惑bot事件簿:
急増する不正ログイン、対策のカギは「正しく怖がる」こと
不正ログインの被害が日本社会を揺るがしている。過去1年あまりで報道された大きな被害だけでも10件を超えた。不正ログイン事件の裏側を考察し、起こり得る犯罪と回避策の有効性を検証したい。(2019/7/8)

Microsoft、Appleの「アニ文字」のような「Puppets」をSwiftKeyのβ版で公開
Microsoftが、Appleの「アニ文字」に似た「Puppets」を発表した。Android版キーボードアプリ「SwirtKey」のβ版の新機能だ。アニ文字と異なり、深度センサーがなくても普通のスマートフォンのカメラで利用できる。(2019/7/5)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
音楽の楽しさを伝えているのか、自社製品の良さを伝えているのか
好きこそものの上手なれ。(2019/7/3)

AppleのクックCEO、ジョニー・アイブ氏退社の背景を報じたWSJに反論「不条理だ」
Appleのジョニー・アイブCDO退社について、Wall Street Journalが「アイブ氏はクックCEOのデザインへの無関心に失望していた」と報じ、クック氏がこの記事は「ばかげている、不条理だ」と反論した。(2019/7/2)

生体認証特集:
PR:その生体認証、安全? 指紋認証や顔認証が安全かどうかをどこで判断すべき
スマートフォンやPCなどで使われ、身近となった生体認証。しかし、まだ怖くて使うのに抵抗感がある人も少なくありません。正しい知識を身につければ、その恐怖をなくしましょう。(2019/7/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。