ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「P906i」最新記事一覧

ドコモ、「P906i」「P905iTV」「P905i」のソフト更新を開始
ドコモは、パナソニックモバイル製「P906i」「P905iTV」「P905i」へのソフト更新を開始した。絵文字の色指定が有効にならない不具合を解消する。(2011/6/28)

ソフトウェアアップデート情報――NTTドコモ
富士通製の「F-03A」、パナソニック モバイル製の「P906i」、NEC製の「N705iμ」「N705i」「N706iII」に不具合があることが判明。ドコモは3月17日にソフトウェア更新を開始した。(2009/3/17)

ドコモ、「P-03A」「SH-01A」「SH-03A」「P906i」のソフト更新を開始
ドコモは、パナソニック モバイル製の「P-03A」「P906i」、シャープ製の「SH-01A」「SH-03A」のソフト更新を開始した。(2009/2/3)

開発陣に聞く「P-01A」:
触れると分かる「本当の使いやすさ」に自信──Wオープン3代目の集大成「P-01A」開発の真意(前編)
人気のWオープンスタイルを継承し、横向きでも文字を入力できる新機構“2WAYキー”が特徴の「P-01A」。前機種P906iと比べて何が変わり、どんな特徴があるのか。そしてタッチパネルを採用しなかったのはなぜか。パナソニック モバイルの「P-01A」開発チームに話を聞いた。(2008/11/18)

STYLEシリーズ:
よりスリムになったカジュアル“Wオープン”、14種のハッピーイルミ入り──「P-03A」
パナソニック モバイル製の「P-03A」は、P705iのカジュアルなイメージとP906iのWオープンスタイルを融合したスリム“Wオープン”ケータイ。ワンセグやカメラ、写真表示などを横向き画面で利用でき、30種類の豊富なイルミネーションやランダムに表示する14種類のハッピーイルミを搭載。スヌーピーをモチーフにしたコンテンツもプリインストールする。(2008/11/5)

PRIMEシリーズ:
横に開くと表示が変わる“2WAYダイヤルキー”、横向き進化のWオープンスタイル──「P-01A」
パナソニック モバイル製の「P-01A」は、前モデルのP906iがさらに進化したWオープンスタイルのハイエンドモデル。縦開きと横開きでダイヤルキーの表示や配列が変わる“2WAYキー”を新たに備え、横開き時もそのまま文字の入力が可能になった。キングダムハーツやレイトン教授といった人気ゲームもプリインストールする。(2008/11/5)

「P906i」と「F906i」に複数の不具合――ドコモ、ソフト更新を開始
NTTドコモは、パナソニック モバイル製「P906i」と富士通製「F906i」に、それぞれ複数の不具合があることを公表し、ソフト更新を開始した。(2008/10/7)

携帯販売ランキング(7月28日〜8月3日):
今回も大きな変動なし──ドコモはP906i、auはW61CA、ソフトバンクはiPhoneが人気
携帯各キャリアの2008年夏モデルは、注目機種がほぼ出そろったことでランキングは安定期に入ってきた。キャリア総合ランキングでドコモ端末は上位3位を独占、auのハイエンド新機種はランキングに定着、iPhone 3Gは発売以来、順調に連続首位記録を重ねている。(2008/8/8)

ドコモ、「P906i」「F903iBSC」のソフト更新を開始
NTTドコモは7月29日、パナソニック モバイル製の「P906i」と富士通製の「F903iBSC」のソフトウェアアップデートを開始した。iチャネルの更新やGPS測位情報の通知に関連する不具合を修正する。(2008/7/29)

「P906i」の“ここ”が知りたい(2):
横向きUIはどう?──「P906i」
ディスプレイが横にも開く“Wオープンスタイル”を継承した「P906i」。では新たに備えた“横向きメニュー”はどう使えるか。動画とともに確認していこう。(2008/6/20)

開発陣に聞く「P906i」:
P905iで妥協した“ほんの数ミリ”──「P906i」の進化の過程はここから始まった
人気モデル P905iの“正常進化モデル”として登場したパナソニック モバイル製の「P906i」。多くのユーザーに支持されたP905iに何が足りなかったのか、P906iはどこが進化したのか。パナソニック モバイルのP906i開発チームに話を聞いた。(2008/6/18)

「P906i」の“ここ”が知りたい(1):
通知イルミとキーバックライトはどう光る?──「P906i」
ドコモの「P906i」は、好評のP905iの特徴はそのままにワンセグやカメラ機能を強化し、デザインも一新して登場する。ではP906iの通知LEDはどう光るか、暗所でダイヤルキーはどう光るか。その一部を動画とともに確認していこう。(2008/6/16)

5月31日〜6月6日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
6月1日、夏モデルの先陣を切ってドコモの「P906i」が店頭に並び、発売記念イベントに次期社長の山田隆持氏が登場した。auとソフトバンクモバイルは、6月3日に夏モデルを発表。5月の純増は、「年内にiPhoneを発売する」と発表したソフトバンクモバイルが、13カ月連続でシェアトップを守った。(2008/6/6)

写真で解説する「921P」
ソフトバンク版の新“VIERAケータイ”もWオープンスタイルを継承。「921P」はフルワイドVGAディスプレイ、ワンセグ、おサイフケータイ、GPS、HSDPA、PCサイトブラウザなど“ほぼ全部入り”機能を備えつつ、ワンセグやカメラ機能の強化とともにデザインを洗練させた。形状や機能はほとんどドコモの「P906i」と同じだが、どこか異なる箇所はあるだろうか。(2008/6/6)

906iシリーズ、新規バリュー一括は5万7750円──分割は月々2275円から
6月1日から5日にかけて、906iシリーズ5モデルが順次発売される。バリューコースの一括払い価格は「F906i」「P906i」「SH906i」「SO906i」が新規と12カ月以上の利用で5万7750円、12カ月未満は7万7280円。「N906iμ」は若干、安めの価格設定となっている。(2008/6/2)

写真で解説する「P906i」
好評のWオープンスタイルはそのままに1.1ミリの薄型化を果たし、デザインの小リニューアルを行った“P905iの正常進化モデル”がパナソニック モバイルの「P906i」。P905iTVなみのワンセグ性能、顔認識AF付きカメラ、そして横向きのヨコオープンスタイル用インタフェースなどを新たに備え、細かい機能や使い勝手がかなり進化した。(2008/5/27)

横向きUIとワンセグ強化で“Wオープン”デザイン洗練──「P906i」
P905iの優れた特徴を継承しつつ、デザインや機能がさらに向上した「P906i」。横向きUIやP905iTV並みのワンセグ機能、顔認識AFなどを追加しながら1.1ミリの薄型化を果たし、デザインが洗練。ガンダムやレイトン教授などの人気ゲームも内蔵する。(2008/5/27)

2月9日〜2月15日:
5分で分かる先週のモバイル事情
2月11日から14日まで「Mobile World Congress 2008」が開催されたほか、WiMAXの免許取得を逃したアッカ・ワイヤレスとオープンワイヤレスネットワークに動きがあった。JATEは、ドコモの夏モデルと思われる「P906i」が審査を通過したと発表した。(2008/2/18)

パナソニック モバイル製「P906i」などがJATEに認定――ドコモの夏商戦向けモデルか
ドコモの2008年夏モデルと思われる「P906i」などが、JATE(電気通信端末機器審査協会)の審査を通過した。(2008/2/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。